読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

父逝くー心静かに庭を眺めながらこの世に幕を引く

父逝く。亡くなる時はこうありたいと、誰もが望むような最期であった。残された者それぞれの事情もよく考えてくれたかのように、もういいかなという感じで旅立った。見事というしかないほど間が良い父だった。 今年90歳の父は、15年前に妻である私の母を送り…

二子玉川で地ビールとピザに舌鼓

先週の日曜日、二子玉川のドラフト クラフトへ行ってきた。ここでは、国内産地ビールが各種楽しめる。最初こそ、ブログのネタ用にと、ビールや料理を写真に収めたものの、途中からはすっかり忘れてしまった。日頃から、料理の写真を撮る習慣がないためか、食…

孤独遺伝子の持ち主同士が旅すれば③食事編

マリポサでは、親らしいところを見せようと、私が支払うことにした。その後も、何かにつけマリポサのことを持ち出す私に、呆れたのか次男は、私がブログを書きかけてちょっとその場を離れた隙に、こんな事を付け足されてしまった。すぐさま削除しようとした…

孤独遺伝子の持ち主同士が旅すれば②

到着した日の夕飯だけは、それぞれの家族で食事ということになり、私たち三人は、予約した店(マリポサ)の前で集合することにした。後は、結婚式後のレセプションで一緒にテーブルを囲んだのみだ。何しろ、自称孤独遺伝子の持ち主親子だから、一人行動が性に…

孤独遺伝子の持ち主同士が旅すればその①

以前、自分は孤独遺伝子の持ち主かもしれないと書いた事がある。その時は、父もまたそうらしいと、自分と父にしか思いが至らなかった。しかしよく考えてみれば、子もまた、孤独遺伝子の持ち主に違いない。三代揃ってしまったと勝手に解釈し、面白がっている…

孤独遺伝子の持ち主かも

ラジオから流れてきた孤独遺伝子という言葉が、耳に留まった。例えばある集団が、疫病の発生などが原因で壊滅状態に陥った時、孤独遺伝子を持つ人が、その集団から離れていれば、全滅を防ぐことができるという。子孫を絶やさないための、人類の知恵が孤独遺…