読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

送電線がまるで団地状態のコウノトリの巣にはビックリ!

上から下まで団地状態のコウノトリの巣 エヴォラからリスボンに向かう途中、コルク樫の林の中に立つ棒、もしくは枯れた木のてっぺん、あるいは送電線の横に立てられた高い棒の先にと、幾つものコウノトリの巣を見た。でも、これはまるでコウノトリの巣団地と…

アアッ!電車行っちゃったよ〜何でも自分で確認するのが鉄則と改めて心に刻む

モンセラット発1時15分の登山鉄道に乗り、20分程でカタルーニャ鉄道への乗換え駅に着くと、掲示板で時間と乗り場を確認したつもりが、逆方向のホームに行ってしまったのだ。 電車を待つ僅かの間ベンチに座っていたが、反対側のホームに乗客が沢山居る。ムム…

モンセラットはバルセロナから1時間半で行ける一押しスポット!是非どうぞ

カタルーニャ鉄道車内から眺めたモンセラット 右側 中央上辺り 岩山の真下に建物が見える モンセラットは、いかにも聖地という感じの山だ。遠目にもその威容が感じられるが、近づくと尚のこと威厳が増してくる。遠くから見る岩山の雰囲気はポルトガルのモン…

メリダ(スペイン)にはコウノトリの巣がいっぱいーもちろんローマ時代の遺跡も

メリダのコウノトリ マドリッドから電車で5時間。ハゲ山ばかりの風景に飽き飽きした頃、突如出現したオアシスのような雰囲気に浮かれ、〈遥々来たぜ~メリダ!〉と駅に降り立ってみれば、車内の温度表示そのままに32度という真夏日だ。 宿泊先のパラドールメ…

こんな楽しい絵がいっぱいーこれじゃミロが生まれるわけだと実感 バルセロナ

モンジュイック城まで行くつもりでいたのだが、カタルーニャ美術館に寄ったら、あまりの楽しさにそこで力尽きてしまった。これまでまったく興味がなかった中世の美術だが、マンガチックなタッチがちょっと棟方志功の版画をも想起させて、思いつくままにセリ…

これから旅に出ます

本日5/4(木)、午前0:50発の飛行機でフランクフルト経由にてバルセロナへ。バルセロナからサラゴサ、マドリッド、メリダ、エルヴァス(ポルトガル)、エヴォラ、リスボンと回り、5/25(木)午後2:30発の便で、リスボンからブリュッセル経由で5/26(金)午後3:30…

"読まない字は書かないようにフランス国へ申し込んだらどうだろうか"という発想にびっくり

『旅行記でめぐる世界』(前川健一・文春新書・H・15)というタイトルに、どんな旅行記を取り上げているのかなと目次を見たら、安岡章太郎の『アメリカ感情旅行』があった。(オッ、これは)と読み始めたら、期待以上の優れものであった。 海外旅行自由化以前か…

旅に出て、何をどう感じるかー自分なりの視点を持たなければ風景は違ってくる

『インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日』(中村安希・集英社文庫・2013年)は、解説文(P・285)によると、"青少年読書感想文コンクール高等学校の部の課題図書となったせいもあり、本書は、若い世代にも多く読まれているが、・・・この本について語ると…

"親しくもない同僚の一言で"インドを旅しようと思うなんて愉快だ

"「インドにでも行ってみたら」。親しくもない同僚の一言で、僕はインドへと旅立った。」"(『あの日、僕は旅に出た』(蔵前仁一・幻冬舎文庫・H・28年・裏表紙より) "親しくもない同僚の一言"で旅に出ようと思ったのかと、まず、裏表紙の内容紹介に、面白そう…

楽しみ事は腹八分目くらいがちょうど良いのかもしれない

やや長めの旅がしてみたい、もしくはずっと旅人生活なんていうのも良いかなと憧れがあった。だが、僅か3週間足らずではあるが、実際にやってみると、私には、旅に生きるというのは到底無理だとはっきり分かった。半年か一年どこか外国の街に滞在、あるいは数…

普通に使っていた言葉が実は間違いだったと知ってびっくりー"実例集"が面白い

現代ビジネス・デジタル版(2/2付)の記事、http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00050992-gendaibiz-bus_all&p=1"今まで当たり前に使っていた言葉が、実は間違いだった・・・爆笑実例集"が面白い。 まずは、都内在住50代男性の例を引用させて…

私にとっての旅

仕事をしている時、私にとっての旅は逃避であった。旅の予定を入れたその日から、早くこの場から逃れらたいと、出発の日を指折り数えて待っていた。一週間前になると、なぜこの日にしなかったのかと悔やむほどに、旅への思いがグンと高まり切ないほどであっ…

旅の魅力は心躍る風景に出会えること

"そこがどのような場所であれ、はじめての土地を通過するときほど心躍るものはない。"(『周平独言』藤沢周平・中公文庫・P・295) "何かを見に行く旅、つまり観光旅行は、見なければ損だという気持ちになる。眼を皿のようにして、あちこちと駈けまわる。・・…

スクートで台湾より帰国

台湾6日目、いよいよ帰国だ。朝3時20分のバスに乗るため、3時前にホテルをチェックアウトして、台北駅そばの國光客運のバスターミナルに向かう。4時以降のバスだとA棟だが、12時50分、1時20分、2時20分、3時20分の桃園空港行バスはB棟から出発する。バス料金…

台湾5日目・その2ー食べ歩き時々文化

行天宮欣葉(シンエイ)で食事をした後は、MRT行天宮まで歩いて行き、ついでに行天宮の中に入ってみた。ここには関羽が祀られており、商売の神様ということで皆さん熱心にお参りしている。前の方で、お祓いしてもらっている人たちがいるので、私たちも列に並ん…

台湾5日目・その1ー食べ歩き時々文化

三元號 外観台北駅から15分ほど歩いて、三元號へ魯肉飯を食べに行く。MRT中山駅からだと10分位で、寧夏夜市の近くだ。実は前日も行ったのだが、なかなかシャッターが開かないので、鶏肉飯の店へ変更したのであった。そぼろタイプの魯肉飯青菜今日は店の側で…

台湾台湾4日目は食べ歩きー梁記嘉義鶏肉飯・名月湯包・金色三麦

台湾4日目は、10時開店を待って梁記嘉義鶏肉飯へ行く。ホテルから歩いて向かったが、時間調整のため、かねてからネーミングが気になっていた牛乳大王で、パパイアミルクを飲んで一休みする。70元と結構良い値段だ。MRT中山駅近くの通りに面した店 内(2階)パ…

タロコ観光ーその4(完)

お目当ての店は残念ながら休みであったため、ドライバーさん推薦の美味しい店に連れて行ってもらう。言葉は通じないが、私たちが見忘れそうな場所は指で示してくれたりと、とても親切な方で良かった。車を降りる時、食事代ほどのチップを渡そうとすると固辞…

タロコ観光ーその3

いよいよ燕子口へ行くためトンネルまで戻ると、かなり車が並んでいた。だが、動き出せば早い。間もなく、燕子口に着いた。車は、遊歩道の先で待っていてくれるので、ヘルメットを被って歩き出す。もしここへ来られなかったら、とても残念であっただろう。雄…

タロコ観光ーその2

中央に長春祠 下が滝次のスポットはこれまた見事な滝で、湧き水が岩壁から流れ出ている。周りの山が高いため、写真で見ると小さく感じるが、結構迫力がある。その上の長春祠には、中横公路建設工事中に亡くなられた225名の方を祀ってある。今こうして気軽に…

太魯閣(タロコ)観光ーその1

花連に到着してすぐ、駅前のインフォメーションへ向かう途中、タロコ観光は5時間で2000元とタクシーから身振り手振りで声をかけられた。パンフレットをもらってくるので待っていてほしいと、こちらもジェスチャーで伝え、歩きながら二人で相談した。事前に調…

太魯閣(タロコ)渓谷にいざ出発

開店準備中のおにぎり屋台台湾3日目は、太魯閣(タロコ)渓谷に行くため、朝6時20分発の太魯閣号に乗車する。その前に、駅近くの6時から開店の屋台で、朝食用のおにぎりを調達する。メニューが読めないので、見当で、全部の具入りと卵入りの二つ注文する。お…

楽しいよ台湾!ー金色三麦でビール

小籠包を食べた後は、再び中正紀念堂を抜けて、台北駅へ向かう。休日の公園は、子ども連れで大賑わいだ。暖かいので、皆さん公園でのんびりとされている。池の上に架かる橋は、鯉にエサをやる人たちでびっしりだ。何かイベントもあるようで、アナと雪の女王…

今日は小籠包記念日ー抗州小籠包で

抗州小籠包の開店時間に合わせ11時に到着すると、客は既に結構いる。案内されてテーブルに着くと、小籠包と蟹味噌小籠包を注文書に記入する。がっつり食事というよりは、味見程度に抑えておく。ここはセルフサービスなので、自分で、生姜の千切りや酢、醤油…

台湾で象山に登る

2日目の朝食は、以前行って美味しかったMRT中正紀念堂駅側・金峰魯肉飯へ魯肉飯を食べに行く。ホテルの下で次男と待ち合わせてから、20分あまりを歩いて行くことにする。金峰魯肉飯 外観左 魯肉飯 (小) 上が揚げ豆腐煮 下が煮卵右下 筍炒め開店間もなくであ…

台湾・小籠包で夕食ーディエンシュイロウ

成田から4時間で、台湾桃園空港へ到着。午後3時半過ぎという時間帯は、丁度到着する便が多いのか入国審査は結構混んでいた。私の列が異様に時間がかかると思ったら、私も指紋認証で何度もやり直しだ。係官の、手を擦ってもう一度というジェスチャーのままや…

成田からスクートで台湾へ

日曜日の朝、早めに自宅を出て成田空港に向かう。今回の台湾は、初めてのスクート航空利用だ。また、成田までは、こちらも今回初めて、東京駅・八重洲南口バス乗り場からザ・ アクセス 成田に乗車する。1000円と、成田エクスプレスに比べると格段に安い。ち…

三十三間堂ー京都にて

チケットとパンフレット智積院から三十三間堂に回る。ここは結構な人出だが、拝観しずらいほどではない。中央の千手観音坐像、その左右に1000体の千手観音立像が並ぶのは壮観だ。ずっと前にテレビで、千手観音立像の修復作業の様子を見たことがあるが、なか…

女性ひとり旅ー海外でのホテル選びは慎重に

これまでは、立地に関わらず安いのが一番というより、観光に便利な所にあるちょっとランクが上のホテルに、お手頃な料金で泊まるを目指していた。だが今回のポルトガルでは、日程がいつもの倍ということもあって、価格をポイントにした。しかし、考えていた…

お金の使い方ー自分の満足度が高いのは?

先日、ニューヨーク・タイムズに、”体験に対してお金を使うことは、ありふれた物を買うよりも満足度が長く続く”という研究者の記事が掲載されたそうだ。(lifehacker jpより体験にお金を使う派を明言している私には、やはりという思いがあって、後押しをされ…

旅は楽しいーとりあえず出かけてみよう

旅って何だろう。人により、旅に出る動機はさまざまだと思うが、そこに行かなければ分からないことを、自分で確認してみたいというのが、一番大きな理由のような気がする。写真や映像、あるいは本を読んで、その場所についてどれほど詳しくなろうと、それは…

ミャンマーのeVisa申請は格段に便利

ミャンマーへの旅を計画している次男が、eVisaを申請した。私もいつかの参考にと、覗かせてもらった。これは、2014年9月から導入されたが、大使館に出向く、もしくは、郵送する手間を考えると、格段に便利だ。ミャンマーへ観光で行く人は、到着してから、そ…

台北駅から桃園空港までー再びピーチで羽田へ

桃園空港行きバスは、MRT台北駅のZ3出口近くの国光客運西駅A棟から出発する。台北駅を背にして、右側のビルだ。どこにもあるバスステーションという案内表示に従うと、左側にある中・長距離バス乗り場へ行ってしまう。もっともこの4階はレストラン街になって…

旅行最終日はのんびりとー台湾

台湾4日目は、ホテル近くのお目当の鶏肉飯の店が休みだったので、通り掛かりのパン屋さんへ入ってみた。左のパンの上には、肉のおぼろのようなものがかかっている。でんぶの肉バージョンだ。これがかかっているパンが多かったので、試しに一つ選んでみたが、…

スーリン(士林)夜市へー商売上手な店員さん

台湾で夜市といえば、スーリン(士林)という程良く知られている。淡水線で中山から5駅くらいと近い。雨になりそうだったので、3時過ぎに出かけた。ここは、市場の地下が、美食街となっているので、雨でも大丈夫だ。路上をぶらぶらしてから、美食街へ入る。ざ…

阿宗麺線で麺線&ピンザンでマンゴーカキ氷ー台湾は美味しい

店の様子 椅子やテーブルはないお次は、MRT西門近くの阿宗麺線へ行く。カウンターで麺線を受け取り、店の前で立って食べる屋台のようなスタイルなので、客がひっきりなしにやってくるが、さほど待つこともない。そうめんのような細い麺は美味しく、鰹節の出…

龍山寺近くの福州元祖胡椒餅へー台湾

龍山寺入り口を入った右手にある池MRT龍山寺をでると、すぐ目の前の龍山寺へ行く。9時頃であったが、既に境内は人であふれんばかりで、皆歌うようにお経を唱えている。龍山寺 読経が済んで静かになった境内どこでもお参りなどしたことはない私だが、次男の提…

中正記念堂の池では鯉に餌を!ー台湾

中正記念堂ルーロー飯で朝食の後、すぐ近くの忠正記念堂へ行く。街歩きは好きだが、モニュメント類には全く興味がない私は、内心、何しに行くのと思っていた。だが、行けばやっぱり、来てよかったになる。ついでに、鯉に餌をやる。これも私の旅にはなかった…

台湾でルーロー飯に感激!ー金峰魯肉飯

台湾3日目は、午前7時に次男が部屋まで迎えに来る。ホテルからMRT中山まで10分程歩き、雙連まで一駅乗車する。朝市で並べられた美味しいそうな野菜小雨でも、朝市はやっている。大都市でも、このような市が開かれていることが意外であった。食べ物に対する意…

ジンディンロウ(京鼎楼)で小籠包ー台湾

台湾2日目の夕食は、ジンディンロウ(京鼎楼)で小籠包を頂く。最寄り駅はMRT中山だが、ホテルからも徒歩5、6分と近い。ディンタイフォンで修行した人が始めた店ということだ。夕方5時前に、次男が部屋まで迎えに来たので慌てて支度する。なにしろこの日は、朝…

九份散策ー茶屋で頂く東方美人

両脇に店が連なる魚の擂り身団子九份老街では、雨も降ってきたので茶屋で休憩する。濡れないよう庇が張り出したテラス席に案内してもらう。九份茶坊茶器類を販売奥が庇の下のテラス席 店員さんが、日本語でメニューの説明をしてくれる。お湯代が1人100元。お…

台湾ー平渓線で十分から瑞芳・九分へはバスで

滝からの帰り道、ビジターセンターに寄ってトイレを借りる。ここも9時オープンだが、飲料自販機の前には椅子もあって休める。歩き始めて間もなく、駅の方角からランタンが上がっているのが見える。線路を跨いでの通行は禁止されており、罰金との看板もあちこ…

スリル満点の平渓線で十分へー台湾の旅

台湾ツキノワグマ?くまモンとはまた違った可愛さ平渓線の車内三貂嶺から大華までの景色は、四国の大歩危小歩危を思わせる。川には大きな石もある。電車がゆっくり進み始めたので窓の下を見れば、右側は崖すれすれでスリル満点だ。大きな石ところどころに滝…

台湾の朝は豆乳からー阜杭豆漿(フーハン・ドウジャン)台湾の旅⑤

台湾2日目は、阜杭豆漿(フーハン・ドウジャン)へ朝ごはんを食べに行く。MRT板南線の善導寺駅5番出口前のビル2階にある。店のオープンは5時半だが、電車の始発は6時だ。結局、ホテルから20分ほど歩いて行くことにした。釜 の内側に貼りつけてパンを焼く忙しく…

台湾の旅④ー欣葉(シンエイ)始祖店で夕食

初日の夕食は欣葉(シンエイ)始祖店(本店)だ。出かける頃には、雨も上がった。MRT中山國小から10分強歩く。ドアを開けるとソファがあって、ホテルのロビーのような雰囲気だ。一瞬間違えたかなと思ったが、すぐに2階に案内された。広い店内では、既に食事をし…

台湾の旅③ー猫空ゴンドラへ

ディンタイフォンを出ると、MRT東門から、2つ目の大安で文湖線に乗り換えて終点の台北動物園まで行く。2、3分歩いて猫空ゴンドラに乗る。easy cardを買っておくと、バス、電車にゴンドラと、何にでも使えてとても便利だ。台北駅のeasy card 取り扱い窓口は混…

台湾の旅②ー先ずはディンタイフォンへ

台湾へはやや早く8時半過ぎに到着、9時出発の台北駅行のバスに乗車した。初LCCは、私のこれまでの旅と何ら変わらなかった。機内で私は、iPhonから持参のイヤホンで音楽を聞きながら、寝るか読書をする。機内食は味見程度に頂くだけなので、むしろない方がい…

ピーチで羽田から台湾へ

ラウンジ窓の向こうに駐機中のpeach 私にとっての初LCC、羽田からピーチで台湾へ、3泊5日の旅だ。本日8/27日、羽田午前5:55分に出発して、桃園へは9:00着、帰りは、8/31日桃園0:30分出発で羽田着は午前4:45だ。早朝出発のため、自宅から羽田空港への行き方を…

絵本の世界の家 ?ベルゲン(ノルウェー)

ベルゲン (ノルウェー) 本日7/23の記事のつもりでアップしたら、なんと昨日22日付に驚き、一応毎日更新を目指す私としては、気付いた今、急遽以前の旅で使わなかった写真をご披露する事にした。 2013年7月ベルゲンへの旅を、今一度ご覧下さい。 ユニークな階…

私にとっての旅

いルンビニ公園のオブジェ時々、私は旅に何を求めているのだろうと思う事がある。一時的に、自分の置かれている状況から抜け出すためだろうか。それとも単に、未知への好奇心であろうか。旅のスタイルは人それぞれ、目的によって異なる。言ってみれば価値観…