照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

不思議なInaさん

つぶやきかさこ8/28のインタビュー記事を読み、Inaさんにお会いしたいと思った。タイミング良く、お茶会でプチワークをなさるという。占いには全く関心のない私だが、取り込まれてしまったらどうしようとの思いも多少あった。だが、Inaさんご本人への興味が勝った。Inaさんの場合、占い活用コンサルタントの文字通り、コンサルタントが主で占いは副次的に活用するに過ぎない。心配は杞憂であった。

初めてお会いしたInaさんは、ふわっと優しく、暖かな笑顔が広がる芙蓉の花のような方であった。また芯の強さを窺わせる凛としたご様子は、蓮の花をもイメージさせる。小学一年の時に、読んだ本にヒントを得て、(親がいなくなっても、勉強ができれば誰かが養女にもらってくれる・・・7/17のブログ記事)と、不安定な家庭環境の中でユニークな事を考えた少女は、その後自分の道を切り拓きながら歩んできた方でもあった。


少人数でのプチワークは心地良く、他の方へのフィードバックを聞きながら、自分をも見つめていた。自分へのフィードバックも新鮮であった。思いながらも形にならない部分をくっきりと照らしだしてくれる。その時、ブログを勧められた。思いを言葉にのせてみたいと考えてはいたが、心の内をさらけ出すようで、ブログには二の足を踏んでいた。

お茶会から帰る道すがらも、Inaさんの熱気球にご一緒しているような不思議な感覚が続いており、力が湧いてきた。やってみよう。「今日が一番若い日。始めるには丁度いい」Inaさんの言葉を胸に、その翌日からブログを始めた。

そして気づく。すべては、自分次第なのだ。Inaさんが、ためらっている私の背中をそっと押してくれた事で、心が動いた。自分の熱気球で大空へ羽ばたこう。風を読みながら飛ぶのは、楽しそう。勇気がぐんぐん湧いてくる。動きだした心は、人とのつながりをも広げてゆく。出会う人達は皆素晴らしく個性的で、刺激を受ける。

 

そんな経緯で始めたブログだが、誰の目に触れなくても、最低三か月は毎日書き続けようと決めていた。それが読んでくださる方の存在に励まされ、ついには友人にも開設のお知らせをした。細切れ時間活用の、携帯で訥々と綴った文章にお付き合い頂いて本当に有難いと思う。(最近はやはり便利とパソコンに変えた。)

 

Inaさんに出会ってまだひと月余り。ご縁は不思議だ。メリー・ポピンズのようなInaさんも不思議な方だ。誰かの心に勇気が出る言葉を届けるため、今日も風に乗ってやってくる。「チムチムニ チムチムニ 」と口ずさんだあなたは、すでにInaさんの魔法にかかっているかもしれない。

 

http://kasakoblog.exblog.jp/ かさこさんブログ

http://ameblo.jp/fantasieimage/ Inaさんブログ