読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

バンコクの休日 2014・12・30

正月休みをバンコクで過ごすのは、今回で3回目。馴染んだような初めてのような。だが旅は、いつでも茨木のり子の次の詩のようでありたい。(現代詩文庫20

茨木のり子詩集・思潮社・P・41)
 
   はじめての町
   
   はじめての町に入ってゆくとき
   わたしの心はかすかにときめく
   そば屋があって
   寿司屋があって
   デニムのズボンがぶらさがり
   砂ぼこりがあって
   自転車がのりすてられてあって
   変わりばえのしない町
   それでもわたしは十分ときめく
 
中省略
 
   そうしてわたしは好きになる
   日本のささやかな町たちを
   水のきれいな町  ちっちゃな町
   とろろ汁のおいしい町  がんこな町
   雪深い町  菜の花にかこまれた町
   目をつりあげた町  海のみえる町
   男どものいばる町  女たちのはりきる町
 
何の変哲もないごくありふれた町、そこに暮らす人々への、優しい眼差しが溢れている。同様にその眼差しを、世界の街角へも向けてみよう。耳慣れない言葉や見知らぬ人々が、身近に感じられるだろう。
 
今日からほんのつかの間、ちょっと気取って、詩人を真似て、私は旅人だ。早朝からバンコクの街を歩く。朝食は屋台でおかゆかな、それとも麺かな、楽しみだ。