読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

旅先で困らない初歩的英語学習

一人旅はしたいけど言葉が不安だという人へは、初歩の英会話学習をおすすめしたい。NHKラジオ・第二では、語学番組を1日数回放送している。特に英語の番組が多く、小、中学生から社会人向けと幅広く、自分が必要な英語が学べる。

ちなみに私は、会社へ出かける準備をしながら、朝6時から7時まで放送される基礎英語1、2、3、英会話という番組を、数年前から毎日聞いている。聞き逃しても日に数回放送されるのだが、私が聞くのは朝だけだ。テキストは買わずに、これが一度だけの放送と思って聴く。土曜日の朝7時からの番組も、時間があれば聞くがこれは本当に役に立つ。

かつては、語彙を増やしたくて、ビジネス英語を聴いたり、英字新聞や英語の本を読んだりもした。でも、私のように普段から英語に触れる機会が全くない環境では、難しい言葉など覚えたところで使わないのですぐ忘れる。仕事でも年に数回、海外の取り引き先と簡単な英語のメールをやり取りする程度で、電話で話すことはほとんどない。

そんな私が海外へ出た場合、とっさに出てくるのは、頭に入っている言葉だけと気づいた。初歩的な番組を、ついでではあるが欠かさず聞くようになったのはそれからだ。また、日本にいても外国の方から質問されることが、観光客の増加に伴い、昨今は増えてきた。その時も、自分が思う以上に言葉が出てこないことに驚く。不意でも、英語がすぐでてくるには、普段から耳慣れておくことが大事だと痛感する。

ヨーロッパならどこでも、誰にでも英語が通じると思うのは間違いだが、とりあえず英語の準備はしておいた方が自分の安心感が高まる。一人旅で不安の一つは、トラブルがあった時に対処できるかどうかだと思う。いざという時、電子辞書を取り出していても遅い。繰り返しになるが、頭に入っていない言葉は出てこない。また、日頃から英語に接していないと、聞き取れない。私が、簡単で初歩的な学習番組を聴き続けているのは、耳慣らし的要素が大きい。

自分には簡単すぎると思われる方は、一度、聞こえてきた内容を書き取ってみると、自分のレベルがわかる。それを試してから、聞く番組を決めるといい。また、聞きとりができて書けるようになると、その言葉がすらすらと出てくるので、聞くだけよりは、学習方法としてかなりおすすめだ。面倒がらずに、ぜひやってみて頂きたい。

また、私がテキストを買わないのは、本に頼ってしまうと身に付かなくなると思うからだ。解らなければ後で確認と思っていると、聞き方がおろそかになりがちだ。これが一度きりの真剣勝負と思わない限り、熱が入らない。簡単すぎて退屈だと思った場合も、頭がお留守にならないよう書き取りをするといい。

以上は、英語初歩的学習者へのアドバイスだ。海外で、見知らぬ人と話すことはそう多くはない。でも、レストランや列車内で、不意にそのような機会が訪れることもある。言葉を知っている方が、世界が広がる。余裕があれば、訪問先の国の言葉も覚えていこう。今回イタリアで、東京からきましたという、会話本通りの言葉を使う機会が2度程あった。また、回りで交わされるあいさつが、全く本そのままで、私もつい使いたくなるくらいであった。何はともあれ、一歩踏み出そう。そして、
良いご旅行を!