読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

照る葉の森から365回記事達成ー書くことは生きること

雑感 書く効用
昨日で、このブログもようやく365回を達成。始めてから丁度1年にはまだ数日あるが、うっかりと日に2度のアップもあるので、区切りとしてはいいかなと思う。

始めた以上、せめて1年との思いで綴ってきたが、書くことが何にも浮かばず困った日の方が多かった。まったく自分のお楽しみという位置づけのブログなのだから、正直、止めてしまおうかと思うこともしばしばであった。

だが、不思議なことに、そのような時こそ、読んで下さる方に励まされた。それで辛うじて、続けてくることができたようなものだ。それについては、本当に有難いと感謝している。

丁度半年前に感じた思いは、今尚同じだ。これは詩のパロディーで、当時の心境を表したものだ。
それから、更に半年、ようやく一区切りできると嬉しくなった。

日々、さまざまなことが頭に引っかかりはするものの、仕事中にそれを考えている暇はない。私には、ある程度考える時間が必要だ。次にそれをどのようにまとめるか、書きながらも考えるので、更に時間がかかる。

これはと思うことがあっても、うまくまとめられず、仕事帰りの電車の中で考えあぐねたりもした。もっと時間があればできるかと思いきや、休みの時でも、まとまらない時はまとまらない。自分が決めたタイムアウト寸前で、無理矢理書いたこともある。

1年を修行期間と見立てれば、ようやく自分のノルマから解放される。これからは、何が何でも毎日と頑張らずに、書けない日はそれなりに、もしくは休みながら続けていきたい。雫石とみさんのように、書くことは、私にとっても生きる力となっている。

*御礼
これまで読んでくださった皆様へ、改めて御礼申し上げます。舌足らずの拙い文章にお付き合い頂き、誠にありがとうございました。これからも、照る葉の森からの自分通信、どうぞよろしくお願い致します。