読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

スーリン(士林)夜市へー商売上手な店員さん

台湾で夜市といえば、スーリン(士林)という程良く知られている。淡水線で中山から5駅くらいと近い。雨になりそうだったので、3時過ぎに出かけた。ここは、市場の地下が、美食街となっているので、雨でも大丈夫だ。

路上をぶらぶらしてから、美食街へ入る。ざっと一巡してから、どこへ入ろうかと思案しながら歩き始めた途端、客引きの店員さんに呼び止められた。

f:id:teruhanomori:20150907182416j:image
賑わっている店内 中央看板の下で、目を光らせている呼び込みの店員さん

ひときわ賑わっている店だと思っていたが、巧みな店員さんの戦略であったかと納得する。何しろ、メニューを見上げながら歩いている客がいれば、すかさず店内へ誘導する。客の方は、イカ団子の串をかじりながら、何が何だか分からない内に席に座らされているといった感じだ。

また、食べ終えた客の皿を下げ、次の人をサッと案内する動作も素早い。もたもたして、客を去らせたりはしない。この店には、どれほどの人が立ち寄るのだろう。全く、商売上手で感心する。


f:id:teruhanomori:20150907182259j:image
サングラスをかけ直してハイポーズ

全くユニークな方で、サングラスを鼻眼鏡にしている様子も可愛い。写真を撮らせてもらおうと声をかければ、サングラスをかけ直し、ポーズもとってくれる。撮った後見せると、良しという感じで頷く。夜市は、この店員さんに会えただけで十分満足であった。働きぶりを見ているだけで、楽しくなってくる。

f:id:teruhanomori:20150907182522j:image
上はてんぷら 下はルーロー飯

メニューには日本語も併記されているので、注文に困ることはない。ルーロー飯は、ご飯、具ともに、朝の店が私好みだ。てんぷらと書いてあったさつま揚げは、甘めだが、なかなか歯応えがあって美味しい。

相客の皆さんは、左も右もなかなか食欲旺盛で、お皿にたっぷりの、アサリや、牡蠣オムレツを召し上がっている。あたると大変なことになると思い、貝類は止めておいた。

f:id:teruhanomori:20150907182552j:image
エビ春巻き

注文し過ぎて、エビ春巻きが余計だったかと思いきや、これは頼んで大正解であった。

f:id:teruhanomori:20150907182610j:image

臭豆腐は、独特の匂いながら、味は厚揚げと一緒だ。台湾でも大豆は、日本以上に大活躍だ。スープで煮込んである臭豆腐もあるようだが、胃の許容量を考慮すると、とても試しきれない。

雨が本降りになりそうだったので、ざっと眺めてから早めに引き上げることにした。金魚すくいの横には、エビ釣りもある。

f:id:teruhanomori:20150907182633j:image
エビ釣り

f:id:teruhanomori:20150907182651j:image
ピンクはこの市場のユニフォーム?

MRT中山駅そばの新光三越で、会社へのパイナップルケーキを購入する。どこの国でもお土産は、帰り際空港で買うのだが、今回は、空港の土産物店が開いている時刻に着かないことも予想して早めに準備した。

ホテルへ帰ってしばらくすると、猛烈な眠気で、そのまま寝てしまった。3日目に旅の疲れが一気に溢れ出たのか、結局、翌朝まで爆睡した。