読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

海外旅行での安全対策は万全にー貴重品の持ち方

今回の旅は、比較的治安が良いと言われるポルトガルだったが、人気市電の28番線車内には、スリにご用心と大きく書いてある。また、人が多く集まる場所には、警官が立っていたり、巡回したりしている。やはり観光地なので、よほど被害が多いのだろうと、十分用心しながら歩いていた。

それにしても、パスポートとクレジットカードにお金等の貴重品類を、旅の間どのように保管するかが、毎度ながら頭を悩ますところだ。腹巻型や首から下げるタイプに、自作の隠しポケットはいつも持ってゆく。(*これは、ホテルのセーフティーボックスを使うかどうか、悩んで以降のことだ。)

腹巻き型は、ズボンで隠せるので、どんな季節でも外から見えずらい安心感があり、中の物を取り出すにも便利だ。だが、お腹に巻いていると結構汗をかくので、厳寒期以外暑くてたまらない。逆に言えば、寒さ対策に巻いておくという手もある。

f:id:teruhanomori:20160116090516j:image
ブラウスの前身頃利用の隠しポケットを 大型安全ピン2個で留める

f:id:teruhanomori:20160116090603j:image
上部をフタのように被せて使用

f:id:teruhanomori:20160116090454j:image
外から見え難いようにウエストギリギリに付けるー 出しれ不要の時はフタ部分の上からピンで留める

そこで、このようなパスポートサイズで、取り外し可能な隠しポケットを、ブラウスの廃物利用で、手作りしてみた。ズボンを替えるたび、大型の安全ピン2個で留める。ホテルで、パスポートを出すのも、ズボンの内側から簡単に取り出せる。(*但し、EU圏の場合は、乗り継ぎ地でもセキュリティチェックがあるので、それが済んでから取り付けている。)

これは座る時、パスポートがややゴワゴワするのが難点だが、かなり安全だ。実際にズボンを着用して、どのような感じか、必ず鏡で確認して使っている。ズボンによっては、外からわかってしまうというのでは意味がない。

一方にはパスポートとお金、もう片方には、クレジットカードとお金を入れておく。財布に入れたカードが、場合によっては不可と言われても、このポケットからすぐに取り出せる。

胸からぶら下げるタイプは、汗ばむ季節は、外から丸見えなので、ブラウスやストールで隠せる時以外、私は使用しない。暑くなって上に着たブラウスを脱ぐ場合もあるので、それも考慮して使用した方がいい。しかし、飛行機で非常口の前の席だと、離着陸時、ハンドバッグも荷物入れに収納しなくてはいけないので、機内では、パスポートと財布を入れて、首からぶら下げている。

もっとも機内に限らず、トイレに行く時はもちろん、レストランで食事する時も、貴重品は自分の側から離さないことを習慣にしている。それは、日本にいる時も同様だ。おかげで今回も、何事もなく無事に旅を終えることができた。感謝!