読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

袖の形と着丈が気に入っている定番Tシャツ

 f:id:teruhanomori:20160629160251j:image

白と黒のTシャツ

私は、このTシャツが好きだ。袖の形と着丈がとりわけ気に入っているのだが、なかなかこのタイプのTシャツに巡り合うことはない。数年前に見つけた時、まとめ買いしておきたいくらいに思ったが、定番ということなので毎年買うことにしている。私は流行に関わらず、Tシャツを含めカットソーなどベーシックな物は、気に入った形をいつまでも着続けたい派だ。

このTシャツに出合う前、襟ぐりはもう少し深くて縫い目は無く、前身頃が二重で、後ろ身頃より僅か長めになっているカットソーが気に入っていた。白黒2枚にタンクトップまで買って着ていたのだが、翌年同じ形の物を見かけることはなかった。クリームがかった白は、カジュアルにもフォーマルにも使え、とても重宝していたので、数枚買っておけば良かったとずいぶん悔やんだ。

ところでこのTシャツは、一年を通して着ている。殊に旅行にゆく時には、欠かせない。冬場でも歩き回っていると結構汗ばむので、コートにカーディガン、ブラウスと次々に脱いでゆくため、一番下に着る物は重要だ。どうせ見えないからいいかと、人前に出すにはちょっととためらうTシャツでは、暑いのを我慢するしかない。 

f:id:teruhanomori:20160629155230j:image

裾近くにロゴ

だいぶ遅ればせながら先日、新しい白と黒のTシャツを買ってきた。今持っているのとはロゴの位置が違っているが、これはあっても無くても私にはさほど大事ではないので、位置など気にならない。袖と丈と襟ぐりが同じなら満足だ。体型はずっと変わっていないが、念のため試着すると問題なかった。

だいぶのびのびにしていたこの買い物、出かける前は、やらねばならない用事の如き思いで、ようやく腰を上げたのであったが、済んでみれば、たまにはこんな時間も楽しい。

お気に入りのTシャツを2枚新調しただけなのに、ずいぶん心が弾む。ついでに購入した帽子にも気を良くして、雨の日は買い物日和だわと、久しぶりの買い物にひとり浮かれている私であった。