読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

大汗かきかき萩市内を巡るなり

宇部山口空港から、予約しておいた乗合タクシーで東萩へ到着。所要時間は約1時間15分で、料金は3600円。空港から新山口まで出て、そこから萩までバスでゆくよりは少し高いが、時間の節約になるし、萩市内の希望する場所で下車できるのがメリットだ。

石見空港から入ることも考えたが、昼過ぎに到着する便が一番早いので、今回は帰りに利用することにした。

東萩駅に11時過ぎ到着、そこから松陰神社へ行く。ほとんど人がいなくて寂しいと思いながら歩いてゆくと、松陰神社にはそれなりに観光客がいて何となく安心する。皆さん車で来ているようだ。もしくは、レンタル自転車利用の方も見かけた。ちなみに乗合タクシーは、ここで下車も可能だ。

境内には、松下村塾の隣に吉田松陰が幽閉されていた住居もあって、周囲をぐるっと一回りしてみると案外広い。下級武士の家はもっと慎ましいものとばかり思っていたので、意外であった。

f:id:teruhanomori:20160904193559j:image

松下村塾

f:id:teruhanomori:20160904195136j:image

吉田松陰 幽閉の家

萩循環まぁーるバスという、30分毎の市内周遊バスもあるが、街の空気を感じるには歩く方がいいかと歩き出す。でも少しゆくと、湿度が高いせいか汗が吹き出る。

かつての藩校である明倫館まで来て、上がり框で一休み。いい風が吹いてくる。梁がずいぶん立派なので、ちょうど居合わせたボランティアガイドさんに伺うと、建てられた当時のものを、解体移築したと聞き慌てて写真に収める。

f:id:teruhanomori:20160904193651j:image

明倫館 見事な梁

f:id:teruhanomori:20160904193705j:image

 大砲 (レプリカ)ー来年4月から本物展示予定とのこと

狭い街かと思いきや、歩くと結構広い。明倫館からまたしばらく歩いて、高杉晋作誕生の地の辺りで、カフェに入って休憩する。ホットサンドとコーヒーのセット700円を注文すると、夏みかんのミニソフトクリームもついてきた。美味しい。お店の方としばらくおしゃべりしてから腰をあげる。ついでに柚子塩300円を購入なり。

f:id:teruhanomori:20160904193745j:image

高杉晋作生誕の地

f:id:teruhanomori:20160905041755j:image

菊屋横町 (日本の道百選) 風情のある通り

f:id:teruhanomori:20160905042031j:image

菊屋家住宅(重要文化財)

f:id:teruhanomori:20160904194223j:image

菊屋家住宅

あちこちの旧宅を眺めながら、毛利家萩屋敷長屋、萩城跡(指月公園)まで、どれだけ汗がでるのですかと、半ばヤケ気味に歩き回る。萩城跡は、36万石だけあってこれまた歩き甲斐がある。但し私の場合、隈なく回るには汗だくすぎて、花江茶亭と天守閣跡辺りをあっさり流す

f:id:teruhanomori:20160904193926j:image

萩城跡(指月公園)

f:id:teruhanomori:20160905051055j:image

f:id:teruhanomori:20160904194731j:image

花江茶亭

 f:id:teruhanomori:20160905051127j:image

f:id:teruhanomori:20160904194106j:image

天守閣跡

f:id:teruhanomori:20160904194854j:image

萩城跡入り口近くの石垣

萩城跡から北の総門まで歩いていると、いかにも城下町という雰囲気がある。武家屋敷は、知覧(鹿児島)や飫肥(みやざ)をもっとずっと広げて大きくした感じだ。また、城から続く道は、飫肥のように坂道ではなく平らだが、街を取り囲む低い山や川といった立地はよく似ている。但し萩は、すぐそばが海だ。

f:id:teruhanomori:20160905042227j:image

北の総門通り

f:id:teruhanomori:20160905042304j:image

北の総門通り

f:id:teruhanomori:20160905042322j:image

北の総門

f:id:teruhanomori:20160904194347j:image

松本川

ほとんど歩き詰めで疲れたので、萩散策はこれにて終了し、東萩駅側のホテルに向かう。雨が降らないうちにとせっせと回っていたが、台風12号の影響もなく、晴れ間さえ見られた。だが明日はどうなるのか。ちなみに明日は、益田の島根県立石見美術館で原田直次郎展を観てから、津和野へ行く予定だ。