読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

すわ、五十肩か?と驚いた話ー予防には効果的な腕ブンブン回しをぜひどうぞ!

先週のことだ。朝目覚めると、寝ている間に右上腕の筋を痛めたのか、いつもと様子が違う。アラッ?もしやの五十肩と思ったが、痛む筋を押さえれば上にも横に腕は上がる。肩周りにも特に問題はないので、寝違えた時の腕版かなとしばらく様子見することにした。

二日目も何ということはなく、少々重い物を持っても痛みは無い。ちょうど痛みに気づいた日から中掃除に取りかかっていたので、高い所を拭いたり普通に腕を使っていた。

三日目に、右腕をかばいはじめていることに気づいた。自分では何ともないつもりでいても、やはり使いづらかったのか、無意識に左手ばかりが動く。夜になると、心なしか肩周りも硬くなっているようだ。関節周辺は、使わないでいると固まると聞いたことがある。

それではと、以前よくやっていたように、肩をグルグル回したり、上下左右真横に伸ばしたり、手を後ろで組んで上体を前に折り曲げながら上に伸ばしたりと、筋の痛みはあるものの、思いつくかぎりの事をやってみた。その後で、早いうちに医者へ行く方が良いのか、それとももう少し待とうか、考えながら寝てしまった。

そして四日目の朝、右肩から上腕にかけて、座布団か何かで覆って更に重石を乗せた感じがする。前夜、思い立って体操をしたのが悪い方へ作用したのかと、素人考えのあさはかさを悔いた。こじらせる前に、念のため医者に行こうと決めた。土曜日だが午前中は診療している。

基本朝シャワーの私は、洗髪などしながら肩周りを重点的に温めてみた。肩全体が解れてゆくようで気持ちが良い。仕上げに水シャワーをしている時、ふと、治ったと感じた。根拠は無いのだが、調子の悪さから回復する直前、同様に感じたことが何回かある。

朝食を済ませしばらくしてから、台所の中掃除に取りかかった。高い所も隈なく丁寧に拭き、さっぱり仕上がったところで一休み。何か様子が違うと気づけば、上腕のどこも痛くない。始める前にはまだ痛みがあったのにと、ウソのように痛みが消えてしまったことに、あれは一体何だったのだろうと不思議な思いだ。

早く始めたので、全ての掃除が終わってもまだ8時前。久しぶりの晴天に気を良くして、大物の洗濯をしながら本の片付けへと手を広げたのは、先日も書いた通り。

ところで、原因もわからぬまま始まった痛みも、これはひどくなるかと思われた矢先にいきなり治ってしまったが、今後の予防として、また肩グルグル回しを再開した。散歩中にも腕をブンブン振り回したりしていたのに、ここ2カ月ほどは暑さもあって、ついストレッチや筋トレがおろそかになっていた。

まさに、身体は使わないところからダメになってゆくを実感した。自分の身体は自分で治すを掲げている割には、メンテナンス不足じゃないかと、正直なところ自分にガックリしていた。これで、歯のお掃除以外は医者のお世話にならないという信条も、取り下げかと落胆していた。だが、辛うじて続けられそうでホッとしている。

過ぎてみれば、何だそんな寝言というほどのまことお粗末な顛末記、皆様もご用心を。