読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

四国うどん巡りへ本日出発

グルメ 旅・日本

旅 1

美しい絵葉書に
書くことがない
私はいま ここにいる

冷たいコーヒーがおいしい
苺のはいった菓子がおいしい
町を流れる河の名は何だったろう
あんなにゆるやかに

ここにいま 私はいる
ほんとうにここにいるから
ここにいるような気がしないだけ

記憶の中でなら
話すこともできるのに
いまはただここに
私はいる
(谷川俊太郎詩集・現代詩文庫27より)

旅先でカフェの椅子に座っていると、"私はいま ここにいる"と、好きな詩の一節がふいと出てくることがある。そこは旅先でありながら、いつもの場所のようでもあるという、非日常の空間へ、日常からポンとワープしただけという思いにとらわれた時だ。

だが、やはりそこは日常の風景ではない。"美しい絵葉書に書くこと"はないが、今はそこにいて、ただその街を全身に受けとめている。

"記憶の中でなら
話すこともできるのに"

やがて、自分に取り込んだ諸々が、濾過された言葉となって溢れでる。自分の言葉になるまでは、記憶の中に寝かせておくよりない。

と、カッコつけながら、"苺のはいった菓子"の代わりに、ネギがたっぷり乗ったうどんを求めて、本日から4日間、四国へのうどん行脚に出る。

ズルズルうどんを啜る光景は、"私はいま ここにいる"というちょっぴりお澄ましなフレーズとは似つかわしくないだろうとツッコミが入りそうだが、それもご愛嬌。"冷たいコーヒー"ではなく、それぞれの店の汁に舌鼓をうってくる。うどんと一緒にその味を、記憶の中で再現できるかどうかが問題だ。ではいってきまーす。