読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

リスボンからオビドスへー先ずはカンポ・グランデのバス停まで 2016年

旅行2日目の11/16日、朝食は7時半からだ。ロシオ広場を見渡す窓辺の席に座って頂く。昨日の晩は、飛行機で出されたハムとチーズのサンドイッチを食べただけなので、お腹もペコペコだ。昼まで持つようにしっかり食べる。といっても、旅先で食べ過ぎは体調不良の元なので、空腹の勢いに任せないよう気をつける。

本日向かうオビドス行きのバス乗り場があるカンポ・グランデ駅へは、地下鉄ロシオ駅から緑線で一本だ。昨年購入したヴィヴァ・ヴィアジェンカードは、一年有効なので持参してきたが、そのカードを使って一回券を購入する。やり方を忘れもたついていたら、駅で警備している人が横に来てさっさとやってくれた。

カンポ・グランデ駅を降りてからがわかりにくいということなので、スマホに画面撮影した順路を読んでから歩き出す。

f:id:teruhanomori:20161118005217j:image

左側・下が地下鉄のカンポ・グランデ駅 

f:id:teruhanomori:20161118005425j:image

横断歩道を渡り右へ曲がると高架線の先に目印の緑色のビル

改札を背にして左手に降りてゆくと、正面が広いバスターミナルになっている。左奥にはスタジアムが見える。だがここではない。右手、地下鉄の高架線に沿って進み、横断歩道を渡る。渡ったら右に曲がり、高架線の下をくぐるように進む。正面に緑色に塗られたビルが見えるが、そちらへは渡らず、道なりに左に曲がると、すぐ先にバス停がある。

f:id:teruhanomori:20161118082859j:image

停車中のバスがカルダス・ダ・ライーニャ行き 左側バス停

一番手前が、カルダス・ダ・ライーニャ行きで、オビドスへはこのバスに乗車する。所要時間は約1時間だ。9時半の次は11時なので、日帰りするなら早い時間の方が良いかもしれない。

行く前に、テージョ社のホームページで時間を確認するのが安全だが、バス停にも時刻表が貼ってある。もし、待ち時間がだいぶあるようだったら、再度高架線をくぐると、右前方にカフェがあるので、そこで待つのも良い。駅から横断歩道を渡って左手のビルなので、バス停とは丁度反対側になる。

f:id:teruhanomori:20161118010102j:image

横断歩道を渡って左側にあるカフェ・バス停とは逆の方向

10分位前になると運転手さんがバスまで戻って来て、乗車開始となる。その少し前から、バスの前に並んでいると、最前列の席に座れる。左側が景色が良いとの記事も見かけたが、最前列なら右側の座席の方が、見晴らしは良い。

切符は、運転手さんから購入する。オビドスまでは、7.60ユーロだ。昨年購入のガイドブックに記載されているより僅かに値上がりしているので、念のため多めに用意しておくと無難だ。

ホテルをチェックアウトしてから、すぐ目の前にある地下鉄ロシオ駅からカンポ・グランデのバス停まで、30分で着いてしまった。もっと迷うかと余裕を持ったのだが、わりあいすんなり到着した。11時の発車時刻まで時間があるので、先ほど記述したカフェで待つことにした。