読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

"魚座の季節。新しいスタートに向けて準備"にそうだったのかと自分の行動に納得

雑学 生き方


"魚座の季節。新しいスタートに向けての準備する。整える。"というタイトルに(彩星早苗さんのブログ「頑張り屋さんの未来に星の光を」2/19付)、自分がこのところずっとしてきたことがうまく合致して、ああそういうことだったのかと腑に落ちた。
http://heartnavigator.hatenablog.jp/entry/2017/02/19/175340

"自分の手元にきちんと残しておきたいもの。残さ なくていいもの。

曖昧にしないで、はっきりと分けてみる。

分ける作業は億劫に思うかもしれないし、

場合によっては勇気がいるかもしれないけど。

来月中旬から、新しい1年が始まるから。

すっきりとした気持ちで始める為に、やってみよ う。"

彩星さんが言わんとするところは、多分、心の整理についてだと思うが、私には、ここしばらく取り組んできた物の整理と重なる。

1月末、リフォームの見積りに来て頂いた際、工事はいつ頃からと尋ねると、業者さんによって3月、あるいは4月とのことであった。頼んだらすぐ始まって、サッサと終わるだろうくらいに考えていた私は、見積書が出るまでに一週間に先ず驚いたが、その後具体化してゆくにつれ、そんな簡単なことではないのだとようやく分かる。

しかし、3月と聞いた途端、そんなに遅いのですかと驚く私に、担当者の方が、どこか不具合でもあって急がれるのですかとおっしゃる。だが、今現在、住むのに不自由な事はまったくない。着工が4月、場合によってはもっと先でも何の不都合もない。ただ、もともとが、決めたらさっさとやりたい派なので、気分が高まっているうちに済ませたいというのもあった。が、それ以上に、なぜか3月中には終えたいと感じていた。

そのなぜかが冒頭の、"新しいスタートに向けての準備"、そして本文の、"来月中旬から、新しい1年が始まる"で、はっきりと見えた。私がしてきたのは、星座の新年に向けて、いわば年末の大掃除だったのだ。だから、無意識ながら、3月初めの着工、月内には終了を希望したのかもしれない。

ちなみに、"そんな魚座の季節、3月19日までです。"とある。ということは、3月20日からが新年だ。ある理由から、私はいつもこの日を、自分の中で大事な日として意識していたのだが、その日が新年のスタートに重なっていたとは、これまた何という偶然だろう。

占星術ばかりか、あらゆる占いの類には関心がない私だが、彩星さんの読み解く星の言葉をブログで拝見するたび、折々の自分の行動と結びついているなと感じることもしばしばだ。そういうことだったのかと納得すると、さらに自分の感覚及び判断に自信が持てるようになる。

私も宇宙の一員。古代の人々がそうであったように、星々と共に大きな流れの中で生きている。そんな気がする。