読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

こうなったらいいなと心の中に描いた夢は、時宜を得たらきっと叶う

昨日から奈良に来ている。リフォームが済むまでの間、滞在する予定だ。最初は、自宅近くのマンスリーマンションを考えていたのだが、大きな荷物が無ければ東京にいる必要はない。それならこの際、奈良に行こうかとなった。

実はだいぶ前から、退職したら、1ヶ月くらい奈良で過ごしてみたいと考えていた。仕事を辞めたらすぐ実行するつもりで、それなりの資金計画も立てたが、いざとなると、やはりその分は海外旅行に回したいとなってしまった。私のパイには限りがあって、あれもこれもはできない。多分、この先も無いなと考えていたら、それが思いがけない形でやってきた。

当初は、奈良でもマンスリーマンションにしようと思っていたが、ビジネスホテルにしても、トータルの金額はさほど変わらない。それなら、ビジネスホテルの方が何かと便利だ。ただネックは、土曜の予約だ。昨年までは、地域に関わらず土曜の予約は満杯で、まずできなかった。

それが、価格は上がるものの、1ヶ月前でも予約ができたのだ。但し、3週間弱の滞在で、ホテルを数回移動しなければならない。工期が決まるまで予約を入れるわけにもいかなったので、細切れになってしまったが、宿泊できるだけで良かったという感じだ。おかげで、希望するだけ奈良に居られる。

ところで、奈良で何するのと問われても、明確な答えはない。お寺や仏像をじっくり観て回りたいのはもちろんだが、それ以上に、奈良という土地の雰囲気を感じてみたい。そんな短い期間じゃ無理と突っ込みを入れられそうだけど、分かろうと分かるまいと、それでもただここに居るだけでいい。

私は、どこの国へ行っても街歩きが好きだが、ここ奈良でもそうしてみたい。もはや、日本中のやや大きな都市は何処も、リトル東京の相を呈してしまったとはいえ、少なくとも地形は異なる。ほぼ真っ平らな関東平野に育った私としては、いつも山を間近に眺めていられたら良いなとの憧れもある。

せっかく奈良にいるのだからと、できるだけ沢山のお寺を訪ねようなどとも考えていない。時には、京都や大阪に足を伸ばしたりもしたいが、実際のところ、まだ何も決めてない。のんびりふんわり、いつものゆるゆる旅になることだけは間違いなしだ。

それにしても、願っていたことがこのように叶って嬉しい。全く出来すぎのようだが、来し方を振り返れば、これまで私が漠然と心に描いたことは、何でもほぼ実現している。こうなったらいいなって思い続けるのは大事だ。時宜を得たら、それはきっと叶う。