読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

モンセラットはバルセロナから1時間半で行ける一押しスポット!是非どうぞ

 

f:id:teruhanomori:20170523133828j:image

カタルーニャ鉄道車内から眺めたモンセラット

f:id:teruhanomori:20170523133743j:image

 

モンセラットは、いかにも聖地という感じの山だ。遠目にもその威容が感じられるが、近づくと尚のこと威厳が増してくる。遠くから見る岩山の雰囲気はポルトガルモンサントに似ているが、こちらの方がスケールは大きい。バルセロナの空港に到着する直前、遠くに見えた赤茶色の岩山がここだったのかと、ちょっと感激。

 

f:id:teruhanomori:20170523133855j:image

中央右手から左の方に向かって線路

f:id:teruhanomori:20170523133913j:image

このような山肌を緑色の登山鉄道で行く

f:id:teruhanomori:20170523134005j:image

f:id:teruhanomori:20170523134046j:image

 

ケーブルカーに乗り換えて、20分で山頂駅に到着だ。ちょっとした門前町のようで、レストランやホテルまである。ケーブルカーで隣り合わせた方が、カタルーニャの人々にとっての特別な場所だと教えてくれたが、この日は日曜日のミサともあって、皆さんきちんとした格好をしていらっしゃる。その方も、バルセロナから来られたそうだ。

 

私が日本から来たと解ると、かつての同僚にキムラさんという日本人がいたとおっしゃる。リタイアする前は何の仕事をされていたのかと伺えば、鉄鋼関連ということで、日本からも輸入をしていたとの事。ちなみに、ゼネラルマネージャーとして、仕事であちこち回っていたそうだ。

 

登山鉄道から下りて少しウロウロしていると、再び先ほどの方に出会った。一緒に坂道を登って行くと広場では、伝統衣装を身につけた方々が、カタルーニャ地方の伝統音楽に合わせ踊っている。ミサの前にまずはお祭りといったところか。

 

 f:id:teruhanomori:20170523134134j:image

f:id:teruhanomori:20170523134202j:image

 

私が珍しがっていると、連れになった方がいろいろ説明してくれる。そして、ここにはホテルもあるので、数日滞在するのもいいと言う。山の上にしては、思いの外大きなホテルだ。部屋から、広場を見ている人々の姿も見える。更に広場を抜けて教会前までくると、回りをグルリと取り囲んだ建物を指し、ここには僧たちが暮らしていると教えてくれる。かなり部屋数があるが、僧たちはいったいどのくらいいるのだろう。

f:id:teruhanomori:20170523134300j:image

教会前 グルリと囲んだ建物内に僧たちが暮らす

 

ここで、連れになった方と別れ黒いマリア像を見る列に並ぶ。だが、10時30分までの列には入れず、次は12時からということなので、教会に入って11時からのミサに出席させて頂く。私は、どちらかというと、エスラニアと呼ばれる少年合唱隊の歌声が目当てだ。

 

 f:id:teruhanomori:20170523134316j:image

中央下辺り 黒いマリア様の拝観待ちの人々が見える

 

ところで、椅子に座ってミサを待つ間、マリア像の置かれている高い場所にある小窓から、観光客が教会内を見下ろしている姿に、列をなぜ10時30分で打ち切ったか納得する。ミサの間中、上で人がチョロチョロしていたのではやはりまずいだろう。

 

ミサが終わる直前に、黒いマリア像を拝観する列に並んだが、既に結構な行列であった。おまけに12時15分過ぎにようやく扉が開く。結局、見終えるまで1時間以上かかった。扉の中に入って少し待ち、マリア像の前まで上る階段の下でまた少し待つのだ。立ち止まらずに見てくださいという感じではなく、他者を気にしなければ、自分に必要なだけ祈っていても良さそうだ。でも、待つ人の多さを思いさっと眺めて階段を降りる。

 

昼食を摂ろうかどうか迷ったが、1時15分の登山鉄道に乗れそうなので、早目にバルセロナまで戻ることにした。これが後から思えば失敗であった。と言っても、さほど大仰なことではない。

(次の「アアッ!電車行っちゃったよ」に続く)

 

メリダ(スペイン)にはコウノトリの巣がいっぱいーもちろんローマ時代の遺跡も

f:id:teruhanomori:20170522023135j:image

メリダコウノトリ

 

マドリッドから電車で5時間。ハゲ山ばかりの風景に飽き飽きした頃、突如出現したオアシスのような雰囲気に浮かれ、〈遥々来たぜ~メリダ!〉と駅に降り立ってみれば、車内の温度表示そのままに32度という真夏日だ。

宿泊先のパラドールメリダまでは駅から5分程ということだが、炎天下に荷物を持って歩いているとずいぶん遠くに感じる。あれがそうだなとホッとした気分でホテルを見上げれば、何と屋根にはコウノトリの巣が。途端に嬉しくなる。

f:id:teruhanomori:20170522021548j:image

パラドールメリダコウノトリの巣

 

翌日、ローマ時代の遺跡がスペインでは最大というメリダの街を歩いていると、またもやサン・ラサロ水道橋の名残りの柱に巣を発見。巣からは2羽の姿が見えるのでツガイかと思いきや、もう1羽見える。アレッ?何だろうと思っていたら、間も無く親鳥が帰ってきたので、巣の中にいるのはヒナたちと解る。

 

f:id:teruhanomori:20170522021616j:image

サン・ラサロ水道橋のてっぺんにある巣

 

この日も暑く、朝、バスターミナルを確認がてら次の予定地までのバスのチケットを購入してから、ローマ橋辺りまで行っただけで、本日の行動終了としたくなるほどゲンナリしていたが、コウノトリの巣を見つけて元気が出る。

f:id:teruhanomori:20170522023237j:image

中央のてっぺん辺りにコウノトリの巣

 

メリダでは、どこでも高い建物には決まってコウノトリが巣を作っている。見つけるたびに嬉しくなって写真を撮っていたが、滞在3日目、日差しは強いものの風が涼しく、ようやく汗をかかずに歩けるとあって、ミラグロス水道橋まで行ってみた。すると何と、コウノトリが水道橋を占領状態だ。

f:id:teruhanomori:20170522021740j:image

巣から飛び立って餌探しに出た親コウノトリ

f:id:teruhanomori:20170522021757j:image

ミラグロス水道橋 それぞれのてっぺんに巣がある

 

メリダは、遺跡ばかりかコウノトリの天国かと思うほどだが、実際、この街には他の鳥も多い。ホテルでは、薄暗いうちから、ブッポウソウブッポウソウと起こしてくれる鳥もいる。

f:id:teruhanomori:20170522021824j:image

グアディアナ川の中洲  木々に沢山の白い鳥

 

ところでコウノトリの巣は、4日目にメリダからバダホスに移動する間も、送電線のてっぺんにもずいぶん見かけた。あんなところに巣を作って大丈夫なのかなとちょっと心配になるが、それ以外に高いところがないので仕方ないのかなと思う。

 

少し低いんではないのというような三つ並んだ柱状の所にも巣があって、おまけにそこには、一段位づつの高低差がある。その場所を決めるに当たっては、やはり身分の差があるのでしょうかと聞きたい感じだ。それとも、単純に早い者勝ちだったのかな。

 

というように、バスの中から飽きずにコウノトリの巣を眺めていたが、バダホスに近づくと巣を見かけなくなった。更に、エルヴァスに向かう頃にはまったく見なくなった。その翌々日、エルヴァスからエヴォラまでの道中でもまず見なかった。昨年の11月、エヴォラからリスボンに向かう際は、高い棒の先にコウノトリの巣を見たので、この辺りにもいるはずだが、生息地に偏りがあるのだろうか。

 

ちなみに、コウノトリは巣を再利用するそうなので、一度作られた巣はずっと同じ場所にあるという。明後日、リスボンに向かう際、またコウノトリの巣を見られるかもしれない。楽しみだ。

 

ところで、日本ではコウノトリの母鳥が誤射されてしまったようだが、ヒナたちに何とか巣立ってほしいものだ。それにしてもコウノトリは、なんであんなに目立つ所に巣を作るのだろう。ヒナたちを狙う鳥はいないのだろうか。旅先でコウノトリに出会い、この鳥について知りたいことがいろいろと出てくる。

 

メリダではもちろん、コウノトリに圧倒されるだけでなく、(メリダは凄い!!!)とローマ時代の遺跡群に唸ってしまった。それについてはまた別の機会に。

 



こんな楽しい絵がいっぱいーこれじゃミロが生まれるわけだと実感 バルセロナ

f:id:teruhanomori:20170520150829j:image

f:id:teruhanomori:20170520151152j:image

f:id:teruhanomori:20170520151232j:image

モンジュイック城まで行くつもりでいたのだが、カタルーニャ美術館に寄ったら、あまりの楽しさにそこで力尽きてしまった。これまでまったく興味がなかった中世の美術だが、マンガチックなタッチがちょっと棟方志功の版画をも想起させて、思いつくままにセリフなど入れながら見て回ると本当に愉快だ。

f:id:teruhanomori:20170520151045j:image

右上の横になっている人、(いやあ、ちょっと横になったら眠っちゃって、マズイマズイ)と頭をかいているのかな?そんなわけないね。

入場券は12ユーロだが、嬉しいことに2日間有効だ。翌日、モンジュイック城からミロ美術館と回り、再びカタルーニャ美術館に行き、前日購入したチケットを提示すると、入館証のシールと新たに0ユーロと印字されたチケットをくれる。

f:id:teruhanomori:20170520151317j:image

f:id:teruhanomori:20170520151349j:image

"ロマネスク美術の分野では世界有数のコレクションを誇り、ピレーネ山麓各地に点在する小聖堂から集められた壁画が何室にもわたって展示されている。しかも各部屋には、作品が残されていた教会内部が再現されており"(地球の歩き方スペイン・P・205より参照)とあるように、その展示には工夫がなされている。
(*ロマネスクとは、10世紀末から12世紀にかけて西ヨーロッパに広がった中世の美術様式)

f:id:teruhanomori:20170520151448j:image

f:id:teruhanomori:20170520151516j:image

但し、祈りの場を意識しつつも、その時代の人々が、悪魔や罰をどのように描いたのか、日本の四天王に踏みしだかれる邪気などをも思い起こしながら、興味はついそちらの方にばかり向く。

この日は2度目とあって、中世美術だけを改めてじっくりと眺めて回る。様々な刑罰の場面に、どの国でも思いつくことは同じだなと思う。だが、当然ながら表現の仕方は異なり、罰を受けている人物の表情がユニークだ。

 f:id:teruhanomori:20170520151611j:image

この絵の左上の人物など、身体をノコギリのような物で切られているのに、(コリャお手上げだわ。まあ、しょうがないか)と涼しい顔だ。右側の上下にしても、自分がされている事に、(あれまあ!どうしましょう?)程度の驚きだ。

左下の煮えたぎる大釜に入れられている二人に至っては、苦痛の表情が感じられないどころか、(さあ、次はどうくる?)と、自分を突き刺すナイフの行方を当てっこして楽しんでいる雰囲気さえ漂う。むしろ、刑を執行する側に幾分悲壮感がある。

f:id:teruhanomori:20170520151907j:image

『全能のキリスト』というタイトルに表情もキリッと感じられるのは先入観か? 展示も別格で、ガイドブックにも載っているのでこれが目玉のようだが、実は、こればかりかどれもこれも見応えがあって楽しい。

f:id:teruhanomori:20170520152858j:image

十字架の上でしかたないなというどこか諦めの表情

f:id:teruhanomori:20170520152918j:image

f:id:teruhanomori:20170520152955j:image

鼻と口の中心線が微妙にずれている彫刻。このようなのはこれまでほとんどどこでも見た事がなかったが、この他にも同様なのがあったので、あまり細かなことには拘らないのかなと思う。

この美術館には、校外学習なのか、引率3人に20人くらいの小学生の子たちのグループが幾つか来ていたが、小さな頃からこんな楽しい絵見ていたら、そりゃミロだって生まれるわけだと実感する。

ちなみに、スペインではどこへ行っても校外学習の小中学生、あるいは高校生に出会った。サラゴサの博物館では、備え付けの簡単な衣装を着けた子ども4人が、教師に教えられたセリフをそのままに、クラスメートを観客に寸劇までしていた。ただ見て回るよりも、ずっと印象に残るだろう。狭い通路なので、私も終えるまで観客になって見ていた。

スペイン楽しいよ!といっても、既にバダホス(スペイン)から12キロ離れたエルヴァス(ポルトガル)に移動している。訪ねた順番ではなく、初めての地に降り立った興奮や感激やらが少し冷めた後、折々面白く感じたことや考えたことを順不同にお知らせできたらと思う。

 

 

 

 

 

 

これから旅に出ます

本日5/4(木)、午前0:50発の飛行機でフランクフルト経由にてバルセロナへ。バルセロナからサラゴサマドリッドメリダ、エルヴァス(ポルトガル)、エヴォラ、リスボンと回り、5/25(木)午後2:30発の便で、リスボンからブリュッセル経由で5/26(金)午後3:30成田着の予定。

しばらく旅はいいかなと思っていたものの、チケットは昨年既に手配済みである。取りやめようかどうか4月に入っても決めかねていたが、結局行くことにした。

これまでは旅先で感じたことを寝かせる間も無く、まるで自転車操業のように文字にしてきた。でも、この辺でちょっと立ち止まりたくなったので、唐突ながらしばらくお休みすることにした。

いつまた書きたくなるか、今の時点ではわからないので、ひとまず御礼を申し上げたい。これまで、私の拙い考えや文章にお付き合いくださった皆様へ、長い間お読み頂きまして、本当にありがとうございました。

 

イガグリ家はまさにびっくり箱状態ー次から次へといろいろなことが起こる

イガグリ家は、オレオレ詐欺にネズミ騒動、今度は古いスプレー缶が爆発って、まったく何なんだ。チミはワンダーランドの住人だったのか。

ワンダーランドか?イガグリ家!
http://awawasyoji.hatenadiary.jp/entry/2015/10/02/072610


何かというと早退したがるトンガリさんだが、フクヤマ結婚ニュースには、相当参っているようだ。そこに便乗しようとしたマルシマさん、そりゃ却下されて当然でしょう。

俳優さんの結婚ニュースに乗じようとしたマルシマさん
http://awawasyoji.hatenadiary.jp/entry/2015/09/29/100449

(まったくどいつもこいつも、さっさと仕事しろよ)と、イガグリさんは内心苦々しく思っているかどうだか。でもね。実際、能天気な美女軍団の面々には、イガグリさんも手を焼いているに違いない。ご同情申し上げます。

 

あらら商事に新人さん入社の巻〜美女軍団の反応はいかに?

あらら商事に、何と初々しい新人さんが入社してきた。自称美女軍団の面々とは月とスッポンの新人さんに、イガグリさんの対応がまるで違う。

イガグリさん新人さんの初々しさにうっとりの巻 その1
http://awawasyoji.hatenadiary.jp/entry/2015/07/06/073630

それに気づいたマルシマさんが、まったく!と鼻息も荒くドスドスとやってきた。東京生まれの東京育ちであるイガグリさんもその形相に思わず、「何ダスカ?」と訛ってしまった。


イガグリさん新人さんの初々しさにうっとりの巻 その2
http://awawasyoji.hatenadiary.jp/entry/2015/07/07/052447

マルシマさん、脅してもダメですから。先ず、その鬼瓦のような表情から変えてみましょう。

お土産がある日はおやつタイムが待ち遠しい

いつだってのんびりムードで、 何とも平和なあらら商事。でもたまには忙しい日もあって、お土産を配ることなど忘れてしまうのです。

 

気 になるおやつタイム スイーツ大好きさん
http://awawasyoji.hatenadiary.jp/entry/2014/12/03/034848

 

うっかり者とあえて言うまでもなく、マルシマさんはかなりのそそっかし屋さんなのです。沈着冷静と思っているのは本人ばかりなり。

 

うっかり者のマルシマさん
http://awawasyoji.hatenadiary.jp/entry/2014/12/06/062434