読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

邪馬台国はどこであったかー絹織物に注目した説を初めて知ってなるほどと納得

邪馬台国はどこであったか、九州と近畿の他に、東遷説があることを、『古代史の窓』(森浩一著・新潮文庫・平成10年)を読んで初めて知った。東遷説とは、最初は九州にあったが、やがて近畿に移ってきたという説で、著者の森浩一さんはこの説を推している。

その手がかりとなるのが、魏志倭人伝に書かれている献上品の絹織物に関しての、"養蚕をおこない、糸をつむぎ、細かな・・・"(P・88)とある記述だ。そこに、『絹の東伝』(布目順郎著・小学館)という古代織物の研究者の本を参照されて、

"弥生時代にかぎると、絹の出土しているのは福岡、佐賀、長崎の三県に集中し、前方後円墳の時代、つまり四世紀とそれ以降になると奈良や京都にも出土しはじめる事実を東伝と表現された。布目氏の結論はいうまでもなかろう。倭人伝の絹の記事に対応できるのは、北部九州であり・・・"(P・90)

には、なるほどと思わせる説得力がある。この部分だけでなく、この本を読んでいると、解明されていない事は、性急に自らの主張に沿うように結びつけるのではなく、慎重にさまざまな方面からじっくり検討する重要性を、改めて教えられる。

それにしても、絹織物がポイントとは。確かに、"ヤマタイコク奈良説をとなえる人が知らぬ顔をしている問題がある。絹の東伝である。"(P・89)と著者が指摘するように、絹を素通りした説だけを読んでいれば、私などが知ることはない。

これは、古代史ばかりか、今起こっている物事を知るうえでも大事な視点だ。自分の解釈に合わせるために、あえてある部分を無視するなどは、案外誰もが陥りやすいところだ。

今回は、古代史関連の本を4冊ほど借りてきたが、最初からいい本に出合ったと嬉しくなる。

著者があとがきで、

"本の題は短い方がよい。というわけで『古代史の窓』となった。だが考古学の私が古代史への誘いを書けるわけがない。だから縮めず私の真意でいうと「考古学から窓の向こうの古代史を垣間見る」といったところだ。"(P・242)

と謙遜されているが、読む者こそ、懇切丁寧な説明付きで、古代を垣間見させて頂いているという感じだ。書かれたのは30年近く前だが、ともかく読み応えがある良い本だ。

閑静な住宅街は散歩するには良いけれど住みたいかとなるとちょっと考える

暮らしのアイディア 生き方 旅・日本

志賀直哉旧宅は、奈良・春日大社近くの閑静な場所にあった。昭和の初めに住んでいたというから、既に100年ほど前になるが、この辺りに漂うゆったりとした雰囲気は、当時もそうであったろうなと感じさせる。

f:id:teruhanomori:20170328152217j:image

志賀直哉旧宅前

住む周辺の感じって、案外気分に影響する。自分が暮らすスペースが狭くても、時々このような場所を散歩していれば、心もふっくらとしてくるに違いない。

f:id:teruhanomori:20170328152255j:image

道路先の右側が志賀直哉旧宅

でも、広い敷地に建つ瀟洒な家は、眺める分には素敵だが、維持するのも大変だろうなと思う。おまけに、豪邸が立ち並ぶ辺りというのは、たいがいは駅から離れている。

私などがそのような場所に住まうなど、どうひっくり返ってもできないことで、もちろん最初から望まない。蛇足ながら、イソップ童話の、「あの葡萄は酸っぱいに違いない」と諦める狐の心理からでは決してない。散歩しながら、時々目の保養させて頂くだけで十分だ。

年齢が増すごとに体力も衰えてゆくことを思えば、やはり自分が住む場所は、駅近くで、買い物に便利な所がいい。できれば散歩コースに、このような素敵なお宅などがあると尚良い。ついでに言うと、部屋は、自分に必要なほどほどのスペースがあればいい。狭くても、物が無ければ広々と感じる。掃除も楽だ。

そんなことを考えつつ奈良公園の方へ戻ると、池のほとりで、結婚衣裳をつけたカップルが2組ほど写真撮影をしていた。さらにうらうら行くと、せんべいをねだらず、梅の木の下で日向ぼっこする鹿を見てホッとする。神様のお使いである鹿には、観光客の後など追わず、ゆったりと構えていて頂きたい。

f:id:teruhanomori:20170328152339j:image

梅の木の下でのんびり日向ぼっこする鹿

f:id:teruhanomori:20170328152358j:image 

興福寺五重塔

f:id:teruhanomori:20170328152413j:image

興福寺 三重塔

リフォームが済んだ部屋で気分も一新ウキウキと

雑感 暮らしのアイディア

劣化が目立ち、陋屋の見本のような部屋が、リフォームしたらずいぶんグレードアップした。キッチンやバストイレの設備を新しくして、クロスやカーペットを取り替え、玄関に床、クローゼットやドアにシートを貼って、枠もペンキで塗ると、以前とはうって変わった。

一部屋はドア枠ごと交換したのだが、残す箇所はすべてそのドアの色(ウォールナット)に統一して、上からシートを貼ってもらった。もしかすると、これまでの白に比べ、だいぶ暗い感じになってしまうかな、との懸念も吹き飛ぶ仕上がりで大満足だ。

そして、プロの仕事はやはり見事と感心するばかり。塗りが剥げかけた部分のでこぼこに加え、ぽこぽこと穴や傷があった所もきれいに補修されて、何事もなかったかのように、すっかりお化粧直しが済んだ。

実は、見積を依頼した段階で、クローゼットのドアなどに上からシートを貼るのは、自分でやった方が安いですと、見積に含めない業者さんもいた。それでいて、希望していないことを提案してきたりもした。無論、こちらの方はお断りしたが、私のように、不器用極まりない者が自分でやったら、こうは上手くいかなかったに違いない。

ついでに言うと、一部屋はエアコン新設が必要だったのだが、この業者さんは、「量販店に頼んだのが安いですよ」の一言であった。専用コンセントを取り付けたり、非破壊検査をして壁に穴を開けたりするのは後からでもできるだろうが、再度工事は厄介だ。仕上がったのを見れば、やはり一緒にやっておいて良かったと思う。

中古で手に入れた部屋だが、前の持ち主の方がきれいに住まわれていたので、手直しせずにずっとそのままでいた。でもいつかはと、リフォーム費用をコツコツと準備していた。ここ数年、いつにしようかとタイミングを見計らっていたが、今年に入ってからトントン拍子に進み、無事完工となった。

部屋の真ん中で、ぐるっと隅々まで見渡していると、かつて飾ってあったお気に入りの絵(複製)さえも飾るかどうか迷ってしまう。そして、もう物はいらないという思いが、改めて湧いてくる。

クローゼットに詰め込んだ荷物を所定の位置に戻す作業が待っているのだが、カラーボックスは一個だけしか購入していない。入らない分は、再度整理し直して、クローゼットに置いておくか、もしくは処分するか、今しばらく考えよう。

引き渡しから一夜明けた日曜日は雨、でも心はウキウキと弾んでいた。それにしても、リフォームで、気分がこれほど一新されるとは思いがけなかった。後はこのまま、簡素で居心地の良い部屋を維持してゆきたい。 一区切りついて、新たなスタートという感じだ。

奈良町の素敵なお店ー山の辺ファームさんでジャムを購入

グルメ 旅・日本 生き方

奈良で、ちょっと素敵なお店を見つけた。餅飯殿(もちいどの)センター街から続いて下御門商店街に入ってしばらく行くと、右手に、果物やスコーン、ワッフルなどをほんの少しづつ並べている間口の狭い店があった。

f:id:teruhanomori:20170326153434j:image

山の辺ファームさん外観 右ガラスケースの中に店名

梅スコーンとワッフルを手に取り店内に入ると、アラッ!ずいぶんおしゃれな雰囲気の店だことと気持ちが弾む。バーカウンターの上には、いろいろなジャムが並んでいる。どれも美味しそうで、嵩張るがお土産にしたくなった。

f:id:teruhanomori:20170326153759j:image

おしゃれなバーカウンター 

f:id:teruhanomori:20170327053709j:image

イチジクジャム

ラベルを見ると、纒向(マキムク)の果物を使用とある。纒向遺跡邪馬台国で、箸墓古墳(ハシハカ)は卑弥呼の墓だったかもしれないと言われているのだ。その地で育まれた果物たちを通じて、ちょっと太古を想ってみようかと気分は更に上向く。もちろん、当時とは空気も土も違っているだろうけれど、単純な私は、纒向つながりだけで嬉しくなってくる。

写真を撮らせて頂くと、お店の方がこの建物についていろいろ説明して下さった。だいぶ放っておかれために、傷みが目立ち始めていたこの家を、何とか残したいと譲り受けたそうだ。お聞きしてはじめて、ウダツがあることもわかった。外からも写真を撮らせて頂く。

f:id:teruhanomori:20170326153455j:image

2階の部分がウダツ

f:id:teruhanomori:20170326153536j:image

お隣の家のウダツ

2階に上がるのに階段がないので取り付けたが、かつては、階段箪笥を使用していたのではないかと推測されていた。それが今もあったら、どんなにか趣があることだろうにと思う。

f:id:teruhanomori:20170326153625j:image

後付けの階段

お話を伺いながら、お店の方の、家に対する愛情が伝わってきて、良いお店に出会ったと嬉しくなる。看板は特になく、ガラスケースの端っこに、山の辺ファームとあるだけだ。ずっと奈良に居たのだから、果物も買ってみれば良かったと今頃になって残念な気がする。でも、また今度伺おう。

 

 

楽しみ事は腹八分目くらいがちょうど良いのかもしれない

雑感 生き方 旅・日本

やや長めの旅がしてみたい、もしくはずっと旅人生活なんていうのも良いかなと憧れがあった。だが、僅か3週間足らずではあるが、実際にやってみると、私には、旅に生きるというのは到底無理だとはっきり分かった。半年か一年どこか外国の街に滞在、あるいは数年かけて世界を巡るなど、私には向かない。これまでのような、ちょこちょこ旅が一番あっているようだ。

今回は、奈良だけに滞在したのであったが、予約が遅かったため、土日ごとにホテルを移動しなければならないという事情もあってか、身体が案外疲れた。そしていよいよ帰る段になると、思いの外嬉しくなった。アレレ、旅先では心が寛ぐと喜んでいたのにと自分にツッコミを入れるも、やはり、帰る場所があるって良いなと思う。

旅は、計画を立てている間のワクワク感が最高で、実行の段階では、少し冷めはじめている。だからいつだって空港へ降り立った途端、私はどうしてここにいるのだろうと思ってしまう。

だがそんな思いも、ひとたび街に踏み入れば来て良かったに変わるのだが。しかしそれも、旅の疲れが出てくると共に、そろそろ帰っても良いかなになる。実は、昨年11月にポルトガルへ行った折も、リスボンで時間をやや持て余し気味で、あと2日短くても良かったと思えた。

旅に限らず楽しみ事は、多少の心残りがある腹八分目くらいがちょうど良いのかもしれない。そして、もう少し・・・という思いが次へと繋がるのだろう。できたら良いなと、夢見てあれこれ思いを膨らませているうちが、一番楽しいのかなとも思えてくる。

外国どころか日本だって、行ったことのない場所がほとんどだというのに、この頃は、以前ほど旅に気が乗らなくなってきている。これまで自分は、いったい旅に何を求めていたのか、本当に行きたかったのか、改めて自分の旅を考えてみたくなった。

だがこれは、単に億劫になっただけかもしれない。となるとそれはそれでちょっと困る。脳が、面倒なことを避け始めるのは、かなりまずい。どうしたもんだか?考えどころだ。

特別開扉中の法華寺で十一面観音を拝観

法華寺に行ってきた。折りよく、本尊の十一面観音が特別開扉中であった。から風呂・光月亭・華楽園まで拝観。

f:id:teruhanomori:20170325044952j:image

法華寺 本堂

f:id:teruhanomori:20170325045041j:image

からふろ (内部は非公開)

f:id:teruhanomori:20170325045105j:image

光月亭

f:id:teruhanomori:20170325045252j:image

光月亭

f:id:teruhanomori:20170325045349j:image

華楽園 寒あやめ

このお寺は、非常に雰囲気の良い所だ。それが、人にも表れている。拝観受付の方から、本堂で受付される方、華楽園でお庭の手入れをされている方と、一言二言の会話ながら、皆さんの温かい感じが伝わってきて、とても心地良い。

奈良では、行く先々どこでもこのように鷹揚な雰囲気を感じるのだが、とりわけこのお寺では、それが際立っているように思えた。旅の最後に訪れたことで、奈良全般の印象が更に良くなる。

実は、本で見た十一面観音の像にさほど心動かされず、行こうかどうか最後まで迷っていたのだ。でも、3/20日から本尊の特別開扉ということを知り、ぜひ自分の目で確かめてみたくなった。博物館で拝観するように、照明の下、全方位からじっくり眺められるわけではないが、遠目からでも自分なりに感じるものはある。

そのお姿は光明皇后を写したということだが、その真否は別にして、右足を前に出しているところに動きが感じられて、から風呂伝説などもあるように、きっと活動的な方だったのだろうなと思わせる。

 ここから、遥かな時代を想いつつ、復元中の平城宮跡を抜けて、大和西大寺まで行った 。ここは、小鳥たちには楽園のようで、さまざまな鳥たちが賑やかに囀っていた。一方で私もまた、うらうらと歩きながら良い気分に浸っていた。

それにしても、奈良は良いところだとしみじみ思う。何をするというわけでもなく、気が向いたらお寺まで散策、カフェで一休みといった具合で、日々ほぼボッーとしているのだが、心が寛ぎすっかりリフレッシュされた感じだ。奈良よありがとう。

 

十一面観音を訪ねてー聖林寺(奈良・桜井)

旅・日本

f:id:teruhanomori:20170321180925j:image

聖林寺 山門

f:id:teruhanomori:20170321091305j:image

聖林寺 十一面観音 手の部分 (パンフレットより)

聖林寺の十一面観音を拝観してきた。桜井駅からはバスで数分だが、本数が少ないのできっちり調べてゆく。行きは談山神社行きのバスに乗り、帰りは折り返してきたバスで駅まで帰ると、奈良行きの電車に接続も良い。

この観音様は、本当に綺麗なお姿をしておられる。初めて拝観したのは十数年前、扉を開けてその前に立った途端、思わずひざまずき、手を合わせたたことが思い出される。

あの時は、奈良に来る機会などそうそうないだろうと、大阪への出張のついでを利用して訪ねたのであった。誠にささやかながら住まいを手にいれたばかりで、この先、海外はおろか国内でも、自分が旅することなどないだろうと思っていた。そして、大阪まで行くのなら、聖林寺だけでも行ってみようとなったのだ。

重い心を抱えた時期でもあったが、特に観音様にお願いすることはしなかった。でも今回、聖林寺で十一面観音のお姿に接するなり、あれからこれまでの、報告とお礼がしたくなった。

心の重さが取り払われただけでなく、こうなったらいいなと、当時は夢物語の如く思われたことまで、自分が心に描いたことのほとんどが叶ったことへの、ありがとうを伝えたかった。何も願わないのにお礼なんて変じゃないかと言われそうだが、この観音様の前では、自然とそのような気持ちになる。

すっきりした思いでバス停まで行くと、バス停横の川にはアオサギがいた。慌ててスマホを取り出すも、上流の方ヘと移動して行くのでシャッターを押せない。しばらく遠目に眺めていると、やがて翼を広げて私の方ヘ飛んできた。そして、挨拶するかのように、ぐるっと大きく一回りしてから去っていった。何の意味もないただの偶然ではあるが、ちょっと嬉しかった。