読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

ローマ 野菜盛り合わせが美味しい

2015・4月ローマ・フィレンツェ グルメ

f:id:teruhanomori:20150504032513j:image
野菜盛り合わせ
f:id:teruhanomori:20150504032537j:image
パン
f:id:teruhanomori:20150503041310j:image
フィットチーネ トマトソース
f:id:teruhanomori:20150503041344j:image
店の入り口

解放記念日のためか、土曜日なのに目指すリストランテが休みだったため、適当な店を探して入ってみた。

パパママ食堂か、ポワロはたまたハンプティダンプティのようなお父さんを中心に家族総出で働いており、内も外も活気がある。席に案内されたものの、なかなかオーダーを取りに来てくれない。早速習い覚えたイタリア語で、「センタ」と声をかけると、ママがメニューを持ってきてくれた。但し、英語が通じない。しきりにアーティチョークが運ばれてゆくので、私もオーダーしたが解ってもらえず、結局野菜盛り合わせがきた。後で調べてみると、アーティチョークは、イタリア語ではカルチョーフィらしい。

しかし、この野菜盛り合わせが大正解であった。右側のらっきょうみたいな酸っぱい玉ねぎ以外は、ただ炒めただけにもかかわらず本当に美味しい。野菜の味が活きている。パンは、どこの店も味にそう変わりはないが、ここではグリッシーニがついている。ポリポリとクラッカー感覚で、ビールのお供に丁度いい。

パスタは、卵を練り込んだ太打ち面のフィットチーネ・トマトソースを頼む。これも美味しい。量が多いが何とか完食する。どうにも残すのが苦手なので、後は明朝まで食べなければいいと、つい無理してしまう。

ローマで食事するのも今日だけだ。明日はフィレンツェへ移動する。次回はローマへ、食事のためだけに訪れたいくらいだ。何しろ、お腹に余裕がないため、一日一店しか回れない。それがとても残念。ホテルの朝食も毎日別の物を試しているが、さすがイタリア人好みの甘いパンは、朝から食べにくい。