読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照る葉の森から

旅や日常での出会いを、スケッチするように綴ります。それは絵であり人であり、etc・・・。その時々で心に残った事を、私の一枚として切り取ります。

ポルトガル7日目ーバカリャウ・ア・プラスが美味しい

ランチタイムを逃しては大変と、2時過ぎに部屋を出る。すぐ近くの目星をつけておいた店に入ってみると、数人待ちで、ショーケースのカウンターで、何か食べている人もいる。私の感覚では遅すぎると思ったが、こちらでは、丁度お昼ごはん真っ盛りだったのかも…

ポルトガル6日目ーエヴォラでホットサンドとビールで昼食

ホテルの部屋に荷物を置いてから、先ずは食事をと、ホテルの先のレストランへ行けば、日曜のためか、予約で一杯と言われる。仕方ないので、カフェを探してみた。何か食べられるかと尋ねれば、トースト(Tosta Mista)ならということだ。本日それ以外は無いとの…

ポルトガル5日目ーリスボン

ロシオ広場食事の後は、隣のロシオ広場へ回る。ここは、なかなかの人出だ。ほとんどが観光客のようで、手に地図を持っている。広場には、可愛いお菓子の店、ワインの店と、売店の小屋が並んでいる。周りのカフェも、人でいっぱいだ。可愛らしいお菓子サンタ…

タコ飯とタコの天ぷらーカーサ・イネスは一押し

ドン・ルイス1世橋を渡って左側に建つのは修道院メトロの券売機でチャージしようとしていたら、先に購入していた人が、私に気づき親切に教えてくれる。空港では、ゾーンが解りづらいと思っていたが、横にアルファベット順の駅名と共に書いてあった。なあんだ…

ポルト3日目ーレベルを測る針が振り切れるほど素晴らしい街

ドアマンが立つマジェスティック カフェ入り口9時半のオープン間も無いため空いている店内ポルト3日目は、近郊のアヴェイロへ行くつもりでいた。往復の電車の時刻も調べてあったが、朝になって気が変わった。ポルトは、午後から観光すればいいかなと思って…

フードファディズムって?ー食品について改めて考える

朝のラジオで、フードファディズムという言葉を初めて聞いた。群馬大学名誉教授・高橋久仁子さんによると、フードファディズムとは、食べものや栄養が健康や病気へ与える影響を、過大に評価・信奉することだという。 テレビなどメディアで取り上げられた食品…

大豊作の大根に思う

11月は例年に比べ暖かく、雨も多かったため、野菜が育ち過ぎてしまい、それに伴い価格も大幅に下がったそうだ。大根生産者は、赤字で出荷するよりはと、廃棄したという。ラジオでそのことを知り、もったいなく思ったが、どうすることもできないと、残年な気…

スペアリブから玉ねぎ、本へと連想は広がる

スペアリブの下ごしらえに、中位の玉ねぎ一個すりおろしたのだが、水分たっぷりで驚いた。これまで、丸ごとすりおろしたことはなかったので、単に知らなかっただけではあるが。そもそもスペアリブは、あまり肉の塊を食べない私のメニューにはなかった。玉ね…

豊かな食卓の光景ー1編の詩から

つましい朝食を済ますたび、ああ美味しかったと、思わず口を突いて出る。そんな時、いつも浮かんでくるのは、河上肇の「味噌」という詩で、”うましうましとひとりごち”が、そのまま私の心境に重なる。 田舎から送られてきた赤芋(里芋)を、味噌と砂糖で味付け…

ほうとうを作ってみたらーとても美味しかった

以前、会社の社員旅行不参加組へのお土産で頂いた、ほうとうを作ってみた。生ほうとうとスープが、それぞれ3袋づつ入っている。作り方は、箱の裏側に書いてあるので、その通りの手順でやってみた。①まず鍋でお湯を沸かし、②ほうとう麺を入れたら5、6分煮込…

休日は高尾山へー楽しいケーブルカー

シルバーウイークのなか日、思い立って高尾山まで行ってきた。午後は新宿で人と待ち合わせなので、その前なら丁度いいと決めた。せいろ屋根に突き出た柿の木が目印の高橋屋京王線高尾山口から、すでにたくさんの人だ。ケーブルカー駅そばまでくると、行列し…

駅構内のフードコートは意外に便利-永田町エチカフィット

先週の金曜日、東京メトロ永田町駅構内のフードコートへ初めて行った。友人と待ち合わせのためだったが、なかなか落ち着ける場所だ。先に着いていた友人の目の前には、既に、ビールのジョッキと海老のマリネ他のお皿がある。私も早速、T-Crossing で、生ビー…

大平商店のいも天ー高知の日曜市

美味しいいも天朝の高知城きれいな石垣高知市内地図左のケースと台の上には赤とうがらし中央の緑色は初めて目にするマタタビ準備中の店も多い翌朝、6時にホテルを出て、すぐ近くの日曜市を見て歩く。何とこの市は江戸時代から続いているとのことで、朝5時か…

とさ電にもアンパンマンー楽しい高知

バイキンマン駅前の電車に乗ろうとすると、1両だけのとさ電の車体には、バイキンマンが描かれている。写真を撮っていると駅員さんが、反対側はアンパンマンですから、そちらもぜひどうぞと勧めてくださった。アンパンマン左上がJRのアンパンマン列車 右とさ…

香川うどん巡りの旅ー長田in香の香

香川うどん巡りの旅5店目は、善通寺市にある、長田in香の香だ。ここは9時から午後5時までと、営業時間が長い。だが、小とはいえ、続けてうどん3杯はきついので、丸亀城のあたりまで戻ってみる。だが、駐車場に車を停めて、歩きながら見上げれば、天守閣まで…

香川うどん巡りの旅ーよしや&須崎食料品店

よしやのうどん土曜日は、観音寺市箕浦駅側にある上戸へ行くため、ホテルを6時過ぎにチェックアウトしてすぐ出発した。車は、丸亀駅で返すことにしている。瀬戸内海に面した箕浦駅横、国道11号沿いにある店に着いたのは、7時前であったが、店内に人の気配は…

香川うどん巡りの旅ー金比羅さんへ

旭社 (石段の中程にある)徳島側から峠を越えて、再びまんのう町へ入る。土器川沿いにしばらく進んでから、左に曲がると金比羅さんのある琴平だ。どこも隣り合っていて近い。登り始めの石段途中、象頭山の中腹にある建物が見える。金比羅さんへは、高校の修学…

香川うどん巡りの旅ー徳島・脇町へ

谷川米穀店を出た後は、かりこ牛も草鞋を履いて歩いた峠を越えて、徳島県へ行く。脇町へうだつの町並みを見に行くためだが、それにしても、7月末、偶然にもかりこ牛のことについて知ったばかりというのに、その道を辿ることになるとは少し嬉しい。かりこ牛が…

香川うどん巡りの旅ーがもううどん&谷川米穀店

がもううどん ナス天ぷらと油揚げ入り香川うどん巡り、最初に訪問したのは、坂出市のがもううどんだ。国道から、店へ入ってゆく曲がり角が解りにくい。高松方面から行く場合、すいりん舘セレモニーホールが右手に見えたら、そこへ入ってゆく。がもううどんへ…

旅行最終日はのんびりとー台湾

台湾4日目は、ホテル近くのお目当の鶏肉飯の店が休みだったので、通り掛かりのパン屋さんへ入ってみた。左のパンの上には、肉のおぼろのようなものがかかっている。でんぶの肉バージョンだ。これがかかっているパンが多かったので、試しに一つ選んでみたが、…

スーリン(士林)夜市へー商売上手な店員さん

台湾で夜市といえば、スーリン(士林)という程良く知られている。淡水線で中山から5駅くらいと近い。雨になりそうだったので、3時過ぎに出かけた。ここは、市場の地下が、美食街となっているので、雨でも大丈夫だ。路上をぶらぶらしてから、美食街へ入る。ざ…

阿宗麺線で麺線&ピンザンでマンゴーカキ氷ー台湾は美味しい

店の様子 椅子やテーブルはないお次は、MRT西門近くの阿宗麺線へ行く。カウンターで麺線を受け取り、店の前で立って食べる屋台のようなスタイルなので、客がひっきりなしにやってくるが、さほど待つこともない。そうめんのような細い麺は美味しく、鰹節の出…

龍山寺近くの福州元祖胡椒餅へー台湾

龍山寺入り口を入った右手にある池MRT龍山寺をでると、すぐ目の前の龍山寺へ行く。9時頃であったが、既に境内は人であふれんばかりで、皆歌うようにお経を唱えている。龍山寺 読経が済んで静かになった境内どこでもお参りなどしたことはない私だが、次男の提…

台湾でルーロー飯に感激!ー金峰魯肉飯

台湾3日目は、午前7時に次男が部屋まで迎えに来る。ホテルからMRT中山まで10分程歩き、雙連まで一駅乗車する。朝市で並べられた美味しいそうな野菜小雨でも、朝市はやっている。大都市でも、このような市が開かれていることが意外であった。食べ物に対する意…

ジンディンロウ(京鼎楼)で小籠包ー台湾

台湾2日目の夕食は、ジンディンロウ(京鼎楼)で小籠包を頂く。最寄り駅はMRT中山だが、ホテルからも徒歩5、6分と近い。ディンタイフォンで修行した人が始めた店ということだ。夕方5時前に、次男が部屋まで迎えに来たので慌てて支度する。なにしろこの日は、朝…

九份散策ー茶屋で頂く東方美人

両脇に店が連なる魚の擂り身団子九份老街では、雨も降ってきたので茶屋で休憩する。濡れないよう庇が張り出したテラス席に案内してもらう。九份茶坊茶器類を販売奥が庇の下のテラス席 店員さんが、日本語でメニューの説明をしてくれる。お湯代が1人100元。お…

台湾の朝は豆乳からー阜杭豆漿(フーハン・ドウジャン)台湾の旅⑤

台湾2日目は、阜杭豆漿(フーハン・ドウジャン)へ朝ごはんを食べに行く。MRT板南線の善導寺駅5番出口前のビル2階にある。店のオープンは5時半だが、電車の始発は6時だ。結局、ホテルから20分ほど歩いて行くことにした。釜 の内側に貼りつけてパンを焼く忙しく…

台湾の旅④ー欣葉(シンエイ)始祖店で夕食

初日の夕食は欣葉(シンエイ)始祖店(本店)だ。出かける頃には、雨も上がった。MRT中山國小から10分強歩く。ドアを開けるとソファがあって、ホテルのロビーのような雰囲気だ。一瞬間違えたかなと思ったが、すぐに2階に案内された。広い店内では、既に食事をし…

台湾の旅②ー先ずはディンタイフォンへ

台湾へはやや早く8時半過ぎに到着、9時出発の台北駅行のバスに乗車した。初LCCは、私のこれまでの旅と何ら変わらなかった。機内で私は、iPhonから持参のイヤホンで音楽を聞きながら、寝るか読書をする。機内食は味見程度に頂くだけなので、むしろない方がい…

ビールに枝豆は理にかなっている

私は枝豆が好きだ。今や、冷凍物で一年中楽しむことができるが、やはり旬は夏。暑い日に火を使うのはちょっと大変だが、できるだけ生を茹でて食べたい。ビールのお供に好む人も多いが、これは理にかなっているそうだ。枝豆には、アルコールを分解するメチオ…

食べること楽しんでますか?ー偏食を悔やむ

子供の頃の私は、大変な偏食であった。殊に臭いに敏感で、場合によっては、家族と食卓を囲むことさえできなかった。そのため、当時の私の食事は、粗食の極みのようなものであった。今でこそたいていの物は食べられるようになったが、どうしても手をつけられ…

二子玉川で地ビールとピザに舌鼓

先週の日曜日、二子玉川のドラフト クラフトへ行ってきた。ここでは、国内産地ビールが各種楽しめる。最初こそ、ブログのネタ用にと、ビールや料理を写真に収めたものの、途中からはすっかり忘れてしまった。日頃から、料理の写真を撮る習慣がないためか、食…

フィレンツェ トラットリア・I DUE G

トマトと白いんげん豆のブルスケッタ白ワインとパン緑ののリゾット (ほうれん草)レモンのソルベフィレンツェ・サンタ・マリア・ノッヴェラ駅近くのトラットリアに、開店の12時半よりやや遅れて到着する。まだ、満席ではなかったのでホッとする。だが、一時を…

フィレンツェ トスカーナ料理

野菜のスフォルマートほうれん草とリコッタチーズのニュディ地ビール?山盛りのパン フィレンツェ・サンタ・マリア・ノッヴェラ駅に昼12時過ぎに到着。すぐ近くのホテルにチェックインすると、部屋に荷物を置いてサンタ・マリア・デル・カルミネ教会へ向かう…

ローマ 野菜盛り合わせが美味しい

野菜盛り合わせパンフィットチーネ トマトソース店の入り口解放記念日のためか、土曜日なのに目指すリストランテが休みだったため、適当な店を探して入ってみた。パパママ食堂か、ポワロはたまたハンプティダンプティのようなお父さんを中心に家族総出で働い…

何とピッツア3ユーロ! リストランテ・カルロメンテ

アーティチョーク ローマ風ピッツア マルゲリータ 3ユーロは驚きレモンのソルベパンローマ滞在3日目は、トラステヴェレ地区のリストランテ・カルロメンテへ行ってきた。ここは安くて美味しく、本当にお勧めだ。バスで行くのは、地下鉄に比べやや億劫でもある…

ローマ リストランテ・TEMA

手長エビのリゾットスズキの塩焼き絶品 レモンソルベリストランテ・TEMAは、テルミニ駅で下車したら、カブール通りをサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂方面へ歩く。大聖堂からは3分くらいだ。ローマで一押しの魚介類を食べさせてくれるという記事に惹かれ…

つつましい朝餉に喜びを

規格はずれのちび人参が一袋にたくさん入っていたので買ってみた。大きい方がよかったかなとちらりと頭を掠めたが、意外に使いやすい。皮ごと端から小口切りにして、キャベツと一緒にガラスープでやや長く煮込んだ。ご飯を入れて卵を落とし、白身部分に火が…

タマリンド入りバナナチップスは大好評

60バーツ80バーツタマリンドジャムを挟んだバナナチップスを、会社へのお土産にしたところ大好評であった。美味しい物に即座に反応する人は口に入れるなり、「これうまい!アップルパイみたい」という。タマリンドジャムの酸味とバナナの甘味から連想したの…

バンコク アクト 日本人ご夫妻の店

アクトの看板 右上はタマリンド の実 右下は種 コンビニで、タマリンドという木の実のお菓子を見つけて買ってみた。甘酸っぱくて、中には小石のように堅い黒い種がある。ジャックが登った豆の木には、このように大きなサヤの豆がぶら下がっていたのではない…

バンコクの路地から

カオニャ ラープ・カイ イサーンソーセージ タイ東北料理店 ハイにて 古さと新しさが混在 バンコク サラデーンにあるタイ東北料理の店ハイで食事しようと歩いていると、「三丁目の夕日」を思わせるような路地が目に入った。 食事を終えてから、来た道を戻り…

宮崎の味処 宮崎の旅 最終回

枇杷の生花 ランチにお勧め・Cafe 皇宮の森 皇宮神社の真裏にあるこちらのお店は、和風の家をレストランに改造して母娘でなさっている。お母様の時は和風のお料理、メキシコ留学経験のある娘さんの時はメキシコ料理になる。予約当日に伺ってからのお楽しみ…

高千穂で蕎麦に舌鼓 宮崎の旅 その3

真名井の滝 真名井の滝 アングルを変えて 宮崎駅から延岡駅まで特急にちりんで、そこからは路線バスで高千穂へ向かった。五ヶ瀬川沿いを走る旧道は狭く、運転するのは大変そうだがバイパスに比べて風情がある。熊本空港経由熊本市内行きの特急バスもあるが、…

飫肥(オビ)の天ぷらと厚焼き玉子 宮崎の旅 その1

復元された大手門 飫肥城跡 宮崎・日南市飫肥は落ち着いた佇まいの町だ。緩やかな坂道を飫肥城趾の方へと登って行くと、時代が遡ったかのような錯覚に陥る。大手門をくぐり抜け城跡の辺りまで行くうちに、清々しく気持ちが洗われる思いになる。丈高い木々か…

香川の美味しいうどん 四国の旅その2

鳴門 四方見展望台にて 翌日起き抜けに、高知から香川に向かう。うどんを食べる事にしたからすぐ来られるかとのメールに、大慌てで荷物をまとめ、5分程離れたはりまや橋傍のホテルへ急ぐ。便乗させてもらった身としては、有難くついて行く。 先ずはお目当て…

恐怖のかずら橋 四国の旅 その1

かずら橋 エメラルドグリーンの川 大歩危小歩危 高知 藤のやさんにて カツオを藁で炙って調理中 昨年の今頃、徳島から高知、香川、再び徳島と回った。高速道路が整備されているので、どこの県へも約2時間だ。嬉しい事に、四国内の高速道路3日間乗り放題で4千…

食を楽しむバンコクの休日 その2

点心 カントンハウスにて カントンハウス 店内 カオマンガイ ラーン・ガイトーン・プラトゥナームにて 屋台 30バーツの麺 ピンクのカオマンガイとして知られるラーン・ガイトーン・プラトゥナームは、正月の2日間は休みであった。昨年などは休みと知らず、…

食を楽しむバンコクの休日   その1

ラープ・ランスアンは右手の路地奥 休みの日はこの看板が出ていない この路地奥に名店あり 名物 ガイヤーン ラープ・ムー ランスアン通りから路地へ入る時の目印 ラープ・ランスアンは、路地奥の行き止まりの所にあった。ラチャダムリ通りから高級ホテルが…

ヴェネツィア日帰り旅 その1

n 左側 カ・ドーロを守る狛犬みたいなライオン? 生活感溢れる風景 カ・ドーロのベランダからお隣を眺める 朝8時過ぎのユーロスターイタリアでヴェネツィアへ行く。7時間位は滞在出来るよう計画して、早割でチケットを手に入れていた。あまりに高いヴェネツ…

ダブリン最終日

午後の便でダブリンを発つと思うと名残り惜しく、メリオンスクエアからオコンネル通り、ヒューストン駅界隈までと歩き回った。リフィ川近くのフードコートのような場所で、開店準備中の店を覗き、ワゴンに置かれたさまざまな料理に興味が湧いてくる。先日、S…